2016年02月27日

ワールドビジネスサテライト|アートとコラボの新ホテル「BnAホテル高円寺」

191be6d84a526358d3c39c7d8f2abc7f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト
アートとコラボの新ホテル
「BnAホテル高円寺」



外国人観光客の増加に伴ってホテル不足が深刻な問題になりつつあります。そんなホテル不足問題を街全体で解決しようとする新たな取り組みがあります。

JR高円寺駅前にあるBnAホテル高円寺。客室に入るとすぐに目に飛び込んでくるのが、壁一面に描かれたアート作品です。作品は高円寺に住む若手アーティストが手がけました。

BnAホテル高円寺のコンセプトは、”泊まれるアート”。もともと不動産会社の事務所だった一室を改装してホテルにしたといいます。

宿泊料金は1室16,000円から20,000円を想定し、料金の15%から20%がアーティストに支払われます。

BnAホテル高円寺は、今後、高円寺の物件を探して30室を目指し、さらに高円寺にある飲食店や銭湯などと提携することで高円寺の街を一つのホテルとして運営する計画です。


BnAホテル高円寺
アート×ホテル「泊まれるアート」
宿泊費の15%-20%アーティスト収入
⇨若手アーティスト育成
飲食店、銭湯とコラボ
⇨街全体があたかもホテルのように
⇨地域活性化


e55a6c7ebe5bdc270e4f4143f9b90e77_s.jpg


筆者感想
ビジネス成功の要因の一つに今も昔も変わらないのが”協業”ですが、特に最近はその傾向が顕著に表れているように感じます。

BnAホテル高円寺の例をとっても活躍の場を求める若手アーティストの力を借りることで、アーティストの独自の世界で客室を作り込むことができます。そのおかげで世界で一つしかない客室が出来上がるのです。オンリーワンの強みは競合する相手がいないことです。一方、アーティストとっては、継続的に客室料金の一部が収入にという点において大きなメリットとなるはずです。

さらに構想にあるように地元の飲食店や銭湯と提携をすることでホテルへやってきた人々が地域経済に恩恵をもたらすことになります。ホテルへ泊まる外国人観光客も地元のコニュニティーに入る形になるのでより身近に日本を感じることができるはずです。

現在は自分だけが儲かれば良いという観点からビジネスを進めるのではなく、他者に恩恵をもたらすことができなければ、ビジネスを継続的に維持していくことが難しい時代です。まさに近江商人の三方よし「売り手よし、買い手よし、世間よし」の精神が必要なのです。

BnAホテル高円寺の取り組みは、若手アーティスト、外国人観光客、地域経済と全てに恩恵をもたらすビジネスモデルと言えます。

スポンサードリンク



posted by CYL at 22:39 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする