2016年01月07日

ガイアの夜明け|”伝統の味”を打ち破る「佃煮」

30a9ebc70c8681c41f863ecc66d3e3b3_s.jpg


ガイアの夜明け|”伝統の味”を打ち破る

秋田県の老舗佃煮屋
佐藤食品の挑戦


秋田県の老舗佃煮屋「佐藤食品」の4代目の佐藤賢一さんは売上げの減少に頭を悩ませていました。そして新たな一手を打つことに。それが、niftyが提供するインターネットサービス「うまいもんプロデューサー」です。

その仕組みは次の通り。まず、食品を開発したい事業者が30万円を支払い、サイトに登録します。するとアイデアや意見を出したい一般のユーザーがプロデューサーとなって一緒に商品開発をしてくれるというものです。

”待っているだけでは始まらない。何か手を打ってみて、動くからこそ見えてくるものがある”と考える佐藤さんは、うまいもんプロデューサーに寄せられた意見をもとに新商品開発に乗り出しました。

トマト風味の佃煮!
それはトマトをつかった佃煮です。トマトのエキスを使用してトマト風味の爽やかな佃煮を目指します。また、その製法は、従来の製法とは全く違うものでした。佃煮のメリットのひとつに保存性の高さ、つまり賞味期限が長いことがありましたが、佐藤さんは保存性よりも美味しさを最優先し、”浅炊き”という製法を採用しました。


試食会で厳しい意見が
佐藤さんの佃煮を応援する約400人の内、9人が参加したうまいもんプロデューサーの試食会が渋谷で開催されました。集まった人々に意見を聞きますが、厳しい意見が多く出ました。トマトの味がしない、魚の臭みが気になるなどなど。

秋田に戻った佐藤さんは、試食会で指摘された魚の臭みを抑える秘策を考えていました。臭み対策として酢を使うことにしたのです。また、トマト風味をより強く打ち出すために、トマトピューレを使うことにしました。

三越恵比寿店でテスト販売
「黄金佃煮 生炊若さぎ 完熟トマト」と銘名された商品を携えて佐藤さんがやってきたのは、三越恵比寿店です。恵比寿店でのテスト販売に望むためです。売れ行き次第で今後の取引が決まる佐藤さんにとってまさに大一番。

佐藤さん自らが売り場に立って試食を勧めます。すると試食したひとは、いままでにない味に興味を惹かれたのか、次々に購入して行きます。そしてついに用意した50個が見事に完売しました。後日、担当者が佐藤食品を訪れ、新商品が三越恵比寿店で扱ってもらえることになったのです。

”既存の佃煮を同じ方法でずっと作り続けることには限界がある。出来ることはたくさんあるので挑戦することが重要なキーワードとなる”と佐藤さんは語ります。
posted by CYL at 23:22 | ガイアの夜明け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする