2015年12月07日

オイコノミア|旅の経済学

7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s.jpg


オイコノミア|旅の経済学


モノより思い出!?

経済学では、旅行には耐久性があるといいます。経済学用語の耐久消費財とは、1年以上継続的に使われる比較的高価な消費財のことをいい、家電製品、楽器、自動車などの他、旅行があてはまります。旅が耐久消費財である理由は、長い間、思い出として反すうできることにあります。ときに旅では、トラブルさえもよい思い出になることがあります。

たとえば、よいソファーを買って大切にメンテナンスをしても、時の経過とともにソファーは劣化しますが、旅行の思い出は、色あせることもなく、時代遅れにもならないのです。

旅の楽しみ方@
現地の情報収集

いくら事前に下調べをしても、結局、旅行は行ってみないとわからないという性質があります。経済学では、体験するまで分からない商品やサービスのことを”経験財”といいます

ところがいまクチコミサイトによって、他人の口コミも数が増えることで客観的な評価としての信頼性が高まった結果、旅は経験財から事前に調べればわかる”探索財”へと変化しつつあります。

経験財
体験するまで分からない商品やサービス
例:映画やスポーツジム、化粧品など

探索財
事前に調べればわかる
例:家電製品や自動車など

信頼財
体験したあとでも質がわかりにくい
例:医療や法律サービス

d1c757206d75ae04ec3f305467c48ad2_s.jpg


旅の楽しみ方A|誰と一緒にいくのか

旅はひとりで行くよりも複数で行くことにメリットがあります。それは1+1が2以上になる可能性があるからです。経済学でいう”補完性”は、組み合わせると不足を補い合える性質があることをいいます

旅行プランを立てる人、プランに合わせて手配をする人、会計を担当する人など自分が得意なことを提供して、苦手なことを得意な人にかわってもらうことができるのです。

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s.jpg


旅の楽しみ方B|予定は立てるか否か

旅の予定を立てるか否かは、リスクに対する態度として理解することができます。経済学でいうリスクとは、危険ではなく、結果にばらつきがあるものを経済学ではリスクと考えます。つまり、予測がしにくいことをリスクがあるというのです

箱根の下記観光スポットではリスクが大きいのはどこでしょうか?一番リスクが大きいのは2,駅伝難所コースです。天気が良ければ最高ですが、雨の場合は最悪です。次は1,屋外美術館です。たとえ天気が悪くともそこそこに楽しむことができます。リスクが一番小さいのは、3,駅前商店街です。天気はまったく関係がないからです。

箱根観光スポット
1.屋外美術館
2,駅伝難所コース
3,駅前商店街


ピーク・エンドの法則

ノーベル経済学者ダニエル・カーネマンの研究であるピーク・エンドの法則は、あらゆる喜びや苦しみの経験は「ピーク時」と「終了時」で判断され、その他のことは影響が少ないという理論です。つまり、満足度はもっとも印象深い経験と最後の経験によって決まる傾向があるのです。ひとことで言えば”終わりよければすべてよし”といったところです。

たとえば、食事のときに好きなものを最初に食べるか、最後に食べるのかでは、最後に好きなものを食べた方が、満足度が高くなるというものです。

旅行でいえば、同じ観光スポットを巡るとしても、その順番によって満足度が変わってくるのでしょう!



スポンサードリンク



posted by CYL at 23:50 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。