2015年11月23日

オイコノミア|寄付の経済学

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s.jpg


オイコノミア|寄付の経済学



アメリカ人1世帯当たりの平均年間寄付額は約26万円。一方で日本人1世帯当たりの年間平均寄付額約2400円とまだまだ日本人にはなじみの薄い「寄付」について経済学から考えてみましょう!!


寄付は誰のため
消費と寄付の一番の違いは何でしょう?私たちが日頃行っている経済活動の消費は、モノ・サービスを受けるのは自分ですが、寄付は他人だということです。つまり、寄付とは相手に見返りを求めずに金銭を渡す、またはボランティアをすることを意味します。

寄付をすると幸せになる
それでは寄付のメリットは一体何でしょう?カナダで行われた実験をご紹介します。被験者に現在の幸福度をきいて5ドルを渡します。一方の被験者には自分のために使ってくださいと指示します。

もう一方の被験者グループには、他人への贈り物を買うかチャリティーに寄付するなど他人のために使ってくださいと指示ます。ふたつのグループに再び幸福度を尋ねると他人のためにお金を使った人の方が幸福度が高かったのです。つまり、寄付にはひとの幸福度を上げる力があるようです。

ひとはたくさんのお金を稼ぐと幸せになれると考えますが、ノーベル経済学賞受賞者ダニエル・カーネマンは年収750万円を超えるとそれ稼いでもあまり幸福度が上がらないという説を唱えています。

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_s.jpg


寄付して得すること
認定された寄付団体などに寄付をすると所得税が最大40%控除となります。つまり、寄付をするということは、国への支払いを減らして寄付団体への支払いを増やすことになるのです。

年収500万円(夫婦共働き子ども2人)の場合
寄付額1万円(減税額3,200円)
寄付額5万円(減税額19,800円)
寄付額10万円(減税額39,200円)

ボランティアと報酬の関係
ボランティアと報酬の関係についておもしろい実験をご紹介します。学生ボランティア180名を下記の3つのグループに分けます。どのグループが一番多く寄付を集めることができるかを実験しました。果たして結果はいかに?!

1,集めた金額1%がもらえる
2,集めた金額10%がもらえる
3,報酬なしで寄付を集める

もっとも寄付金を集めたグループは、3の報酬なしで寄付を集めたグループでした。理由はもともとボランティア志望で集まった学生というのがミソです。報酬をもらえるということでボランティアではなくなってしまう1と2のグループの学生は報酬の程度のあわせて働くことに結果になってしまうのです。




スポンサードリンク



posted by CYL at 23:07 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。