2015年11月15日

夢の扉+|大浩研熱社長_林大輔

8ae5a22ef79b55cb3a5d71c0bb52d003_s.jpg


夢の扉+|大浩研熱社長_林大輔



農業の素人
不況にあえぐ町工場が作った
常識破りのメロン



メロンの水耕栽培
東京都町田市にある林さんが代表を務める大浩研熱は、エアノズルを作る町工場です。そんな町工場がメロンを作るきっかけとなったのが、2008年のリーマンショックでした。

世界同時不況で町工場では注文が減り大打撃を受けました。いまこそ町工場の力を見せるときと、林さんが選んだのが農業でした。挑むのはメロンの水耕栽培。成功例が少ないメロンの水耕栽培に成功すれば町工場の希望の星となると考えたのです。

一つの木から60個のメロン
2009年にプロジェクトはスタートしましたが、収穫前に、次々とメロンは腐り、プロジェクトのメンバーは徐々に離れていったといいます。

メロンが腐ってしまった原因を調べると根腐れであることが判明しました。さらに根腐れの原因を究明すると水の流れにあることがわかったのです。林さんの本業のエアノズルは空気の流れを操るプロでもあります。林さんはその技術を応用し、新たな水の流れをつくることに成功。元気な根が水槽に広がりました。

その結果、通常は一つの木から数個のメロンしかなりませんが、林さんが水耕栽培で作った木には60個ものメロンが実ったのです。

733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s.jpg


商品名|まちだシルクメロン
さらに林さんは甘さを追求し、独自の肥料などを使うことで糖度21.5度を実現しました。この数値は果物が出せる最高級の糖度です。メロンづくりをはじめてから6年で今年初出荷となりました。水耕栽培のメリットは通年で栽培できることにあります。

b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s.jpg


障がい者の雇用創出
NPO法人プラナスでは、障がい者の子供たちに課外活動の場を提供しています。林さんはプラナスの活動に参加するうちにあることを知りました。それは障がい者の子供たちが、特別支援学校などを卒業後、就職できるのは約3割だという事実です。そこで林さんは障がい者やその母親ができる仕事としてメロンづくりにさらに力を入れるようになりました。

町工場の希望の星であったメロンの水耕栽培は、今や社会を支援する役割を担っているのです。


人と出会い、繋がり
同じ方向を向く

林大輔
posted by CYL at 19:39 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする