2015年11月14日

カンブリア宮殿|ベネフィット・ワン社長_白石徳生

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s.jpg


カンブリア宮殿|
ベネフィット・ワン社長 白石徳生



割引施設90万件、会員数727万人
福利厚生代行会社


福利厚生とは
企業が社員のために用意するサービスのことです。現在、そのサービス内容は多岐にわたっていますが、一昔前の福利厚生の代表が保養所でした。箱根や軽井沢などに企業が宿泊施設を保有し、社員が格安で利用できるというものです。

時代は流れ、いまでは福利厚生をベネフィット・ワンのような代行会社に依頼している企業が全体のおよそ40%になっています。

福利厚生代行業界最大手のベネフィット・ワンの会員数は会員数727万人で、ホテルやレストラン、レジャー施設など割引施設90万件となっています。

dc86fd87c58e5f8b2a9e2fd41d4f2790_s.jpg


ベネフィット・ワン|割引の秘密

1,卸価格
会員数727万人というスケールメリットによる割引。たくさんの会員が利用するので安くして欲しいと交渉が可能になります。

2,閑散期の利用
お店やホテルには客が来ない閑散期があります。閑散期に安くしてくれれば会員が利用すると交渉することで、客がいないよりは安くてもよいということで了承してもらえるのです。結果として、お店やホテルにも閑散期にお客を呼び込めるというメリットがあります。

夢|いつか起業したい
白石社長はホンダやソニーのような世界的な企業をつくりたいと考えていました。会社員として働きながら、常にガリバー企業がない、大きな市場を探していました。

そこで目をつけたのがインターネットでした。軍事利用されていたインターネットが1995年にマイロソフトのWindowsが発売されたことで民間人が利用できるようになりました。当時のインターネット市場にはまだガリバー企業は存在していなかったため、インターネット市場に狙いを定めたのです。

c50ee83f9744d93982cb0eda1481fb4a_s.jpg


貫いてきたビジネスモデル
その当時、主流だったのが広告料を収入源とするサイトでした。たとえば格安の旅行サイトではホテルから広告料をもらってサイトを運営をするというビジネスモデルです。

しかし、白石社長が考えたのは利用者からの会費収入で運営するというものです。いわゆる課金型で広告料や手数料を取らず個人の負担で様々なサービスが利用できるサービスを目指したのです。

サービスで勝敗を分けるのは「機能」
白石氏は、サービスで勝敗を分けるのはボリュームではなく、どのサービスが良いか比較検討ができる「機能」だといいます。それを実現する場合、広告料や手数料をとるビジネスモデルでは実現できないと考えていました。

なぜならたくさんの広告料を支払ってくれているお店を「まずい」とは評価できなくなってしまう可能性があり、公平な比較検討ができなくなってしまうからです。そのために利用者が料金を支払う課金型ビジネスモデルにこだわって貫いてきたのです。

その結果、辿りついたのが、個人からの課金ではなく、企業から福利厚生費として課金をしてもらう形に辿りついたのです。

福利厚生<個人会員
いまでは、企業の福利厚生としてだけでなく個人でもサービスを利用できるようになっています。その結果、今年度には現在の福利厚生会員数380万人を個人会員数350万人が上回ることが予想されています。

スポンサードリンク



posted by CYL at 11:14 | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする