2015年09月20日

カンブリア宮殿|とくし丸社長_住友達也

a2a6e2629637759721336b6bb235e861_s.jpg


カンブリア宮殿|とくし丸社長_住友達也



全国の買い物難民を救う
移動スーパー「とくし丸」


移動スーパー「とくし丸」は、小さな車に野菜やお肉、刺身などの生鮮食品や惣菜、日用品などを載せて、高齢になり自らの足で買い物に行くことができなくなった人々の家を回ります。

庭先まで車でやってくる「とくし丸」は、一軒一軒を回ることでお客と深い信頼関係を築いています。

その仕組みは、まず地元スーパーがとくし丸に導入依頼を行います。とくし丸は個人事業主に研修を行い、商品は地元スーパーが個人事業主に提供する形になっています。

カンブリア宮殿|とくし丸の仕組み.jpg


スーパーにとっては車両の導入や人を雇うことなく手軽に導入できるというメリットがあります。つまり、リスクを負うことなく買い物に困った人々を救い地域に貢献できるということで、まさに売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」の商売となるのです。

カンブリア宮殿|とくし丸の特徴.jpg



とくし丸の創業のきっかけ

1957年徳島・阿波市生まれの住友さんは23歳の時に4畳半の下宿で雑誌を創刊しました。徳島の情報を掲載したタウン情報誌「あわわ」は、月4万部発行され、徳島では誰もが知る雑誌となりました。

そんな住友さんがとくし丸のビジネスを思いついたのは50代半ばになった頃でした。近所の人が自動車が運転できずに買い物に行くことが困難になっているという事態を母親の話から知った住友さんは、その問題を解決すべく2012年に移動スーパー「とくし丸」を創業したのです。自ら商品を売り歩くなかで独自のモデルを作り上げました。


儲かる秘密|市場調査

ビジネスにならないと思われる過疎地でさえ黒字を出している「とくし丸」のビジネスの秘密は、徹底した市場調査にありました。その方法は、買い物に困っている人を見つけ出すために、一軒一軒歩いて地域をまわるというものです。そんな地道な聞き込みによって本当に困っている住民を探し出し、点を線にすることで確実に収益を上げるコースを作り上げます。

カンブリア宮殿|とくし丸市場調査.jpg


目指すは地域の自立

「とくし丸」が大切にしているのが、「地域が自立して生きていくための工夫」です。その一つが、個人事業主は担当するエリアの出身者を採用することです。同じ地元の出身者であるために深い信頼関係を築くことができるといいます。

また、地元商店があれば、その店の半径300mでは営業をしないと決めています。その理由は、地域のお店の競合になるのではなく、共存を目指すためです。

さらに、とくし丸の商品価格には10円が上乗せされています。これは、どうして黒字化できないときに考えた苦肉の策でしたが、いまでは「とくし丸」を地域を支えるために必要な仕組みの一つとしてお客に理解されています。




スポンサードリンク



posted by CYL at 00:35 | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。