2015年09月10日

スーパープレゼンテーション|建築家_マーク・クシュナー



スーパープレゼンテーション
建築家_マーク・クシュナー
「未来の建物をつくるのはあなたです」


次々と生まれる建築物ですが、建築家はどんな思いで建築をしているのでしょうか。世界の建築の情報を束ねる若手建築家がその実情を明かします。

建築家:マーク・クシュナー

1977年アメリカ・ニュージャージー生まれ。2007年、ニューヨークに建築事務所を設立したマークは、ある問題に気がつきました。それは一般の人と建築家の間に接点がないことでした。

そこでマークは、建築家の作品をもっと知ってもらいたいとホームページを開設しました。自分以外の建築家も自由に書き込めるようにし、世界中から建築家が集う場をつくりました。そんな一般の人と建築家が交流する一大ネットワークを築いたマークがユニークな視点で建築のトレンドを語ります。

革新か伝統か

一般の人が建築家に声を届けることはかつては難しいことでした。マークがプレゼンの中で、その説明に使ったのが振り子です。

ある時期、建築家が自らの理想を求めて革新的な設計をする時代が続きます。しかし、それが理解されないと知ると振り子を逆に振り、なじみ深いシンボリックな設計に戻りました。

スーパープレゼンテーション|これまでの建築.jpg


建築の歴史を変えた美術館

建築家の理想の建物か伝統的な建物のいずれにしかならないという時代が続きましたが、1997年に建てられたビルバオ・グッゲンハイム美術館(設計:フランク・ゲーリー)が建築の歴史を変えたとマークは語ります。この建物はメディアによって盛んに取り上げられた結果、革新とシンボルが融合したのです。

a98c1185f0ab6cfe3cbfb5fe9feff4c1_s.jpg


357c5e0128772f033e0f3719b93c2eef_s.jpg


ソーシャルメディアの発達

メディアの力は建築と人々の関係をさらに変えていきます。ソーシャルメディアの発達によって人々の思いを建築にフィードバックできる機会が増えました。

それは、実際に建物を建てる前にソーシャルメディアなどで一般の人々が完成した建物の姿を目にすることできるようになったからです。建築家と一般の人々の間の距離が縮まったのです。建築の新時代の幕開けです。


スーパープレゼンテーション|新しい建築.jpg


posted by CYL at 17:35 | スーパープレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする