2015年09月10日

情熱大陸|日本バスケットボール協会会長_川淵三郎(78)

0bbbbc3ab3f3bf9db7bb7476ed746c84_s.jpg


情熱大陸
日本バスケットボール協会会長
川淵三郎(78)


東京オリンピックのサッカー日本代表だった川淵さんは、かつて不人気スポーツだったサッカーのプロ化を推し進め現在の形をつくりました。どうせ失敗するとの声も上がりましたが、強力なリーダーシップで、地域密着型のプロスポーツの新しい形を定着させました。

2015年1月、国際試合の出場停止という窮地に追い込まれたバスケット界は川淵さんに再建を一任しました。指導力を見込まれてバスケットボール改革を託された川淵さんですが、そこには根深い問題が横たわっていました。

情熱大陸|バスケットボール男子リーグ.jpg


日本のバスケットボールリーグは長らく企業チームを中心に発展してきました。完全プロ化を望む声もありましたが、業界の統率がきかず叶いませんでした。そして、10年前、反発したチームが男子だけのプロリーグを発足させ、分裂したリーグは選手そっちのけで対立を続けてきたのです。

それを問題視した国際バスケット連盟は2014年11月に国際試合出場停止という厳しい制裁を科しました。制裁解除の条件は3点でした。リーグの統合、協会の統率力の確立、日本代表の強化でした。

川淵さんがすぐに打ち出したのは、1部から3部までのピラミッド型のプロリーグでした。Jリーグに習って地域密着の独立採算制でのチーム運営とし、1部リーグ参加の条件を数字をあげて示しました。

1部リーグ参加の条件
5000人規模のホームアリーナの確保
年間2億5000万円以上の売り上げ
地域密着

川淵さんが再建を託されてからおよそ6ヶ月後、その指導力のお陰で制裁は解除されました。さらに9月5日には、日本女子代表バスケットボールチームが中国を大差で破りオリンピック出場を決めたのです。その試合を自宅で見ていた川淵さんに試合後インタビューすると、選手の頑張りに目から涙が溢れていました。

川淵さんの生い立ち

1936年大阪生まれの川淵少年は、運動神経抜群で中学では野球部に入部しました。サッカーをはじめたのは高校時代、先輩に誘われて断れずに入部したのがきっかけでした。大学受験には2度失敗し2浪の末、早稲田大学に合格しました。28歳で出場した東京オリンピックのアルゼンチン戦ではゴールを決めました。大学卒業後は古河電工に入社し、現役引退後は営業マンとして仕事に没頭していました。サラリーマンとしての経験は現在の指導に大いに役立っているといいます。

ロスタイムにチャンス有り

サッカーを辞めたら会社員として出世したいとの想いを持っていた川淵さんでしたが、51歳の時営業部長として順調に成績を伸ばしていた矢先、ある日突然、子会社への出向を命じられたのでした。左遷でした。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s.jpg


情熱大陸|川淵三郎ロスタイムにチャンスあり.jpg


覚えていたのが左遷を命じた人事担当者が直接話をしてくれなかったことでした。以来、大切な話は自分の言葉で面と向かって伝えることにしているといいます。そしてもうひとつ、ロスタイムにこそチャンスがあると考えるようになったといいます。


情熱大陸|走りながら考える.jpg

posted by CYL at 16:00 | 情熱大陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする