2015年09月06日

がっちりマンデー|儲かる糸

c6d41fe72250776be44b956b7ebbdca9_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる糸


糸は、表舞台でスポットライトを浴びる輝かしい存在ではありませんが、わたしたちの生活を陰で支えるなくてはならないものです。富岡製糸場が世界遺産に登録されましたが、日本の近代化に欠かせない存在だった糸は、日本の産業のルーツともいえる存在です。そんな糸が人知れず進化しています。世界の最先端を行く日本の最新の糸をご紹介いたします。

がっちりマンデー|農業生物資源研究所.jpg


暗闇で光る糸|農業生物資源研究所

茨城県つくば市にある農業生物資源研究所では最新の農業技術を研究が行われています。その研究所に所属する農学博士の飯塚哲也さんが開発したのが光る糸です。

絹糸(シルク)は蚕(カイコ)が吐き出す糸が原料ですが、蚕が吐き出す時点で光る糸になっているといいます。その秘密は蚕にクラゲや珊瑚の光る遺伝子を組み込んで生み出された遺伝子組み換え蚕です。クラゲや珊瑚が持っている蛍光タンパク質をつくる遺伝子を蚕に合体させて光る糸を吐く蚕を誕生させたのです。

e7ce03e47b1bc656a888d9b72722f430_s.jpg


飯塚さんによると蚕の卵に液体にした光る遺伝子を入れる作業がとても難しいといいます。作業のポイントとなるのがクラゲや珊瑚の遺伝子を蚕の卵に挿入する場所ですが、最適なポイントに遺伝子を挿入しないと成功しないのです。その成功率は約0.1%といいます。かなり高度な技術が要求される作業ですが、蚕の卵の大きさが均一ではないため、その作業はすべて人の手で行われています。繊細で高度な職人技が要求されます。

現在、暗闇でも光る衣料品としてウェディングドレスなど2年後の発売をめざして開発が進められています。

切れにくい糸|農業生物資源研究所

同じく農業生物資源研究所に所属する農学博士の小島桂さんが開発したのが、普通の絹糸に比べて1.5倍切れにくい糸です。オニグモというクモの遺伝子を蚕に入れてつくった糸です。クモの糸には、細くて強いという特徴があります。1cmの太さのクモの糸があれば、ジャンボジェット機をつり上げられるほどの強度をもっているといいます。

がっちりマンデー|福井県工業技術センター.jpg


太陽電池糸|福井県工業技術センター

福井県福井市にある福井県工業技術センターの工学博士の増田敦士さんが開発したのが、太陽電池糸です。直径1.2mmほどの黒いつぶつぶが付いた太陽電池糸を織り込めば太陽光で電気が作れる布がつくれます。(太陽光テキスタイル)

布のため、薄くて軽く自由に曲げることができるのが特徴です。折りたたんで持ち運び、電気が欲しいところで広げ発電をすることが可能です。テントやカーテン、ビニールハウス、船の帆などでの応用が期待されています。現在3年以内の製品化に向けて開発が進められています。

がっちりマンデー|帝人.jpg


機能性糸|帝人

帝人は、ポリエステル、ポリエチレン、炭素繊維など最新の糸をつくる日本トップクラスの糸の会社です。たとえば、ベルオアシスという糸は、水を吸い込む力に優れているため、何度も使える除湿剤として大人気を博しています。

続いてV-Lapという糸は、クッション性、軽さ、通気性に優れているため、マットレスとして販売されています。V-Lapを使ってつくったマットレスは、発売から3年で販売数10万枚の大ヒットとなっています。

さらに、ナノフロントという髪の毛の約7500分の1の極細の糸は、滑りにくいという特徴があります。糸が細いためふつうの糸の3倍の摩擦力が起きるため滑りにくくなります。その特徴を活かし、ゴルフのグローブや靴ひもなどに利用されています。


関連記事
ワールドビジネスサテライト|光るシルクが照らす未来

夢の扉|認知症をカイコの不思議パワーで治せ


スポンサードリンク



posted by CYL at 10:47 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。