2015年08月24日

カンブリア宮殿|テンポスバスターズ創業者_森下篤史

カンブリア宮殿|テンポスバスターズ_森下篤史.jpg


カンブリア宮殿|
テンポスバスターズ創業者_森下篤史

社員が変わる!独自すぎる経営術



日本最大の厨房機器リサイクルチェーン「テンポスバスターズ」は、単に商品の安さだけではなく、飲食店を開業する人が必要とする資金調達や集客、スタッフ募集などのサービスを提供していることに、人気の理由がありました。

そして、社員が立候補して社長になれるチャンスなど、社員のやる気を引き出す仕組みがたくさんあります。テンポスバスターズは、魅力的なサービスとやる気集団によって右肩上がりの成長を続けている企業です。


7つの事業をつぶした破天荒人生

父は役所につとめ、母は教師という堅実な両親に育てられた森下さんですが、自身は真逆の人生を歩んできました。大学卒業後、1971年レジスター販売の会社に就職し、4年でトップセールスマンになりましたが、上層部と対立し解雇されてしいます。それならばと36歳で独立し、1983年に食器洗浄機販売会社を設立しました。しかし、大型の食器洗浄機は需要が少なく販売が頭打ちになりました。そこで森下さんはさまざまな事業に乗り出しました。英会話学校に回転寿し、環境調査会社などを設立しましたが、いずれも失敗してしまいます。

転機となったのが、あるテレビ番組でした。中古品販売会社の社長がゴミ捨て場を物色しながら商品を探しながらも、一方で高級車に乗っている場面を目にしたことでした。商品をゴミ捨て場から見つけて磨いて売ればベンツに乗れると考えた森下さんは、食器洗浄機販売の経験を生かして、1997年に中古厨房機器に絞ったテンポスバスターズを設立したのです。

カンブリア宮殿|テンポスバスターズ人気理由.jpg


テンポスバスターズが人気のワケ

テンポスバスターズが、飲食店を開業したいという人々から頼りにされる理由は、単に厨房機器が安いからだけではありません。新店舗の開店にあったって必要なサービスを提供しているからです。そのひとつが、集客サービスです。有料ですが、開店を知らせるチラシを店舗周辺に向けてファックス送信をしてくれるのです。また、人材採用サービスでは、専用の求人サイトでアルバイトなどの募集を代行してくれます。さらに、資金調達の相談にも乗ってくれるので、金融公庫などからの資金が借りやすくなるメリットがあります。

カンブリア宮殿|やる気を引き出す人事制度.jpg


やる気を引き出す人事制度

店舗数48、従業員2247人、年商235億円と右肩上がりのテンポスバスターズには、社員のやる気を引き出す人事制度があります。まずは、定年制がないということです。社員は自分の定年を自分で決めることができるのです。また、バツイチクラブ制度というものがあり、一度退職しても元の職場に戻ってくることができます。しかも、退職前の待遇で復職できるのです。

さらに、フリーエージェント制という制度では、従業員が異動を希望した場合、直属の上司の許可がなくとも受け入れ先の店長が了承すれば異動できます。また、その反対も可能で、他店に欲しい人材がいれば引き抜けるドラフト制度があります。

そして、社員のやる気を引き出す人事制度の極め付けが社長椅子争奪戦です。4年おき行われ、店長以上の人であれば誰でも社長に立候補ができるのです。審査項目は、目標利益の達成度合いや教育力など、会社の監査役などが採点し、トップだった人が社長の椅子と年収2000万円を獲得するというものです。現在の社長は、42歳でエリアマネージャーから社長へと一気に階段を駆け上がりトップとなりました。

新たな事業|外食チェーンの再生

森下さんが現在取り組んでいるのが、外食チェーンの再生です。再生の肝はスタッフの意識を変えること。現在、カフェやレストラン、居酒屋など7つの外食チェーンを再建中です。

例えば、倒産寸前だった「ステーキあさくま」では、メール会員の獲得数、土産物の売り上げ予約件数、限定メニューの販売数などをもとに、店舗ごとのランキングを導入し、上位へランクされた店長には報奨金を出す仕組みを導入しました。また、毎月の利益の前年比増加分の10%を店舗スタッフに分配することで、スタッフは、やる気集団へと変貌し、倒産寸前だった会社は、5年でV字回復を果たしました。


posted by CYL at 09:36 | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする