2015年08月02日

がっちりマンデー|ビッグじゃないデータ

がっちりマンデー|ビッグじゃないデータ.jpg


がっちりマンデー|ビッグじゃないデータ

ビッグデータとは
お客の買い物データやネットでの検索データなど、世の中のありとあらゆるデータを集めた巨大な情報の塊です。ビッグデータを分析することで、この先何が売れて、何が売れなくなるのか、などを知ることに役立つとされています。

しかし、今回のがっちりマンデーのテーマは、ビッグじゃないデータです。ビッグデータにならないようなマニアックな情報をコツコツと積み上げて儲かっている会社を紹介します!


がっちりマンデー|A-Zあくね.jpg


食品から車まで40万点の圧倒的な品揃え
巨大スーパー「A-Zあくね」

売り上げ100億円の鹿児島県阿久根市にある24時間営業の巨大スーパー「A-Zあくね」の一番のウリは、”ないものがない”という40万点の品揃えです。40万点という膨大な数の商品を扱う会社だけに、すごい商品管理システムがあるかと思いきや、A-Zあくねの創業者の潟}キオの牧尾英二代表にお話を伺うとデータ管理はおろか、売り上げ計画、戦略会議など一切ないといいます。

それでは一体、40万点の商品は誰がどう管理しているのか?その謎を解く鍵は売り場の担当者にありました。A-Zでは、食品や日用品などの売り場を32部門に分け、それぞれの担当責任者が、商品にかかわるすべての権限をもっています。

普通のお店では、商品部門がメーカーから商品を仕入れ、それを売るという分担制ですが、A-Zには商品部がないため、売り場担当者が商品の仕入れから販売まですべてまかされています。

カンピューター
売れ筋商品の流れを直感で感じる

食品エリア担当の大田さんの仕事ぶりを見ているとお客と話をして好みのリサーチを行います。そして、売り場では常に商品がよく見えるように前に出しながら、商品数を数えます。商品を数えますがあえてメモはとらずに、手先を使って体で売れ行きを感じるのが大田さん流です。

牧尾代表によるとこれが売り場担当者がよく言う「カンピューター」だといいます。商品やお客と直接触れることで売れ筋商品の大まかな流れを直感でつかめるようになるといいます。

醤油400種類
お客とのやりとりで醤油のニーズが細かくあることを肌で感じていた大田さんは、色々な醤油を並べてみることにしました。するとこれが口コミで広がり大好評となったのです。いまではその数400種類にも及びます。


大ヒット商品「瞬足」を生んだ
アキレス株式会社

東京新宿区にあるシューズメーカー「アキレス」が誇る儲かりシューズといえば、子供用スポーツシューズ「瞬足」です。いまでは年間売り上げ600万足、子ども用スポーツシューズのシェア5割以上となっています。

瞬足の儲かりの秘密は、靴底のグリップ(スパイク)にありました。運動会のかけっこはそのほとんどが左回りです。それにあわせて靴底の左側にグリップをきかせることで楽にコーナーを回れるという仕組みです。つまり、普通の靴底は大抵、左右対称で同じ作りですが、瞬足は、左回りに適した左右非対称の靴底グリップになっています。

そんな瞬足の開発には、ビッグではないデータの収集が深くかかわっていました。商品開発を担当していた社員は、2000年から動物園などに出かけては、子どもの靴の写真を撮り続けてきました。その数は5000枚にも及びます。
さらに運動会の写真もとり続けていて、足が速い子どもにかぎって転んだりしていたことをなんとかしようと転ばない靴をつくろうというときに、左右非対称の靴底グリップのインスピレーションが涌いてきたといいます。

さらに撮りためた写真を見て気がついたことがありました。それは、靴のマジックテープがはみ出してきちんととまっていない子どもが多かったことです。その原因は、足の幅が狭く、甲の高さも低い子どもが増えていたことにありました。そんな現代の子どもの足にあわせて、2009年、幅と高さを細くした「瞬足スリム」を発売したのです。

がっちりマンデー|アキレス株式会社.jpg



日本トップクラスの技術を持つ町工場
株式会社インパクト

町工場が集まる東京大田区にある潟Cンパクトは、超微細加工部品の製作では日本トップクラスの技術を持っており、大学の研究室や大手企業から開発依頼が絶えません。

そんなインパクトを率いる平船社長の強い味方が、ビッグでないデータです。それは自らのアイデアがぎっしりと詰まったアイデアデータ集です。表計算ソフトの「エクセル」を使い、自分が持っているアイデアをデータ化して、開発で困ったことがあるとそのデータを調べて、解決策を見つけ出すことに役立てています。そんなアイデアデータの中には数億円の価値があるというノウハウも含まれていると平船さんは語ります。

がっちりマンデー|株式会社インパクト.jpg


高校寄せ書きノート
九州料理の居酒屋「有薫酒蔵新橋店」

サラリーマンの聖地の東京新橋にある九州料理の居酒屋「有薫酒蔵新橋店」には、お客を呼び寄せるビッグでないデータがあります。それが「高校寄せ書きノート」です。お客が自分の母校のノートに寄せ書きし、それをみて別の高校OBが見て書き込む、これを繰り返すことで、高校の同窓会のようになっていくのが、高校寄せ書きノートです。そのルールは至ってシンプルで、自分の高校以外のノートを見ることは禁止、はじめて書き込むひとはなるべく名刺を張るというものです。

そんな寄せ書きノートのきっかけは、28年前、常連さんが店にくる高校の後輩のために連絡帳をつくって女将に頼んでおいたことにありました。そのやりとりがおもしろかったことで、だんだんと常連客の間で広まっていったのです。

いまでは、女将さん曰くお店の95%は、寄せ書きノートを目当てにやってくるといいます。お店には2833校分の寄せ書きノートがあり、その数は全国の高校の半分以上のノートが揃っているのです。


がっちりマンデー|有薫酒蔵.jpg
posted by CYL at 11:26 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする