2015年07月27日

経済フロントライン|未来人のコトバ_山岳カメラマン平出和也

未来人のコトバ|東出さんテーマ.jpg


経済フロントライン|未来人のコトバ
山岳カメラマン平出和也さん


2013年5月、80歳でエベレストを登頂した三浦雄一郎さん。その様子を三浦さん本人から指名を受けて撮影し続けた人物がいます。山岳カメラマンの平出和也さん(36)です。

ひとが撮ったことのない映像を撮ってみたい、見たことにない世界を伝えたいと語る平出さんの言葉は、「自分しかできないことを実行する」です。登山家としても実力を評価されている平出さんは、独自の発想による撮影で知られています。「ひとと同じように撮れるものだとおもしろくない。だから、ひとと違う角度から撮ってみると平出さんは言います。

未来人のコトバ|山岳カメラマン平出和也.jpg


飛躍のきっかけ
誰も撮れない映像に挑み続ける平出さんの飛躍のきっかけは10年前のある出来事でした。インドの怪峰と呼ばれるシブリン山の北壁の登頂に成功したものの下山中にトラブルに見舞われました。平出さんは、寒さや疲れから凍傷を負い、右足の指3本を失いました。

その後、平出さんは冷静な判断が最も重要だと考えるようになりました。パキスタンにあるシスパーレでは、これまでに3回登頂に挑みましたが、すべて撤退しています。

「自分がいる場所が、危険なのか困難なのか、困難であれば自分の力で何とかできるが、危険は自分では解決できない。(10年前の出来事以来)危険な場所を自分で客観的に判断できるようになった」と平出さんは語ります。

東出さん飛躍のきっかけ.jpg


次なる野望
登山家としての冷静な判断とカメラマンとしての独自の発想、それが誰も見たことのない映像を生み出しています。現在、平出さんが取り組んでいるのは、エベレストの頂上を凧をつかって更に上から撮影することです。軽くて持ち運びやすい凧を使って、糸に巻き付けるだけで簡単にカメラを固定できるようにし、撮影の準備を進めています。遙か上空か見下ろすエベレストの山頂、誰も挑んだことのない映像に2016年春に挑みます。



スポンサードリンク



posted by CYL at 12:35 | 経済フロントライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。