2015年07月18日

旅サラダガールズ柿木理紗さんが行くイギリスの旅「イングランド」

旅サラダ|イングランド.jpg


旅サラダガールズ柿木理紗さんが行く
イギリスの旅「イングランド」


4つの地域で構成される連合王国のイギリスは、それぞれの地域で独自の文化が育まれてきました。今回の旅はイングランドです。ビートルズを生んだ世界遺産の町リバプールと美しいイギリスの原風景が残る湖水地方を巡る旅です。

イギリス.jpg


リバプール|産業革命時代に貿易の拠点として栄えた港町
リバプールは、イングランド北西部の港町です。人口はおよそ45万人で今と昔が融合した美しい町です。まずはマージー川からリバプールの町を眺めます。(マージー・フェリーズ・リバー・エクスプロアー・クルーズ約50分大人約1900円)18世紀から19世紀の産業革命時代、町は貿易の拠点として栄えました。今も当時の建物が数多く残っています。その歴史的な価値の高さから2004年に世界遺産に登録されました。

リバプールのシンボルになっている3つの建物がピア・ヘッドという埠頭にあります。いずれも世界遺産ですが、いまでもオフィスビルとして使われています。3つの建築物(ロイヤル・リバー・ビルディング/ポート・オブ・リバプール・ビルディング/キュナール・ビルディング)はその美しさから3つの女神と呼ばれています。

ビートルズを生んだリバプール
リバプールはいわずとしれたビートルズの出身地でもあります。ビートルズは1962年のデビューから1970年の解散までわずか8年間で実に210曲を発表しました。ロックンロールから実験的な楽曲までビートルズの音楽は世界中でいまも愛され続けています。

人気観光スポット「マシューストリート」
わずか100メートルほどのマシューストリートには有名になる前のビートルズが出演していたライブハウス「キャバーン・クラブ」の跡地があります。そしてメンバーが良く通ったという「グレイプス」というパブが残っており、多くの観光客が訪れる人気観光スポットになっています。

ビートルズ博物館
マージー川のほとりにあるアルバート・ドックにはビートルズの博物館があります。(ビートルズ・ストーリー大人約2800円)博物館には、ビートルズの貴重な資料や映像が数多く展示されています。エリザベス女王から勲章を授与され、世界中で社会現象を巻き起こし、4人は伝説となりました。

ラム酒の倉庫を改造した高級ホテル「タイタニック・ホテル・リバプール」
世界遺産のスタンリー・ドッグ・タバコ倉庫の向かいに宿泊するホテルがありました。カリブ海との貿易で利用されたラム酒の倉庫を利用して作られた高級ホテル「タイタニック・ホテル・リバプール」です。ロビーは、かつての倉庫の雰囲気を感じさせるスタイリッシュな空間となっています。さらに部屋の壁には倉庫時代の煉瓦が残っており、部屋は広くゆったりとした贅沢なつくりになっています。窓からは明るい日差しが差し込み世界遺産スタンリー・ドッグ・タバコ倉庫を望むことができます。(プレジデンシャル・スイートルームチャージ約77,000円)

伝統と革新がコンセプトのアート・スクール・レストラン
夕食に利用したのは、リバプールで有名なイギリス料理にフランス料理の要素を取り入れたレストラン「アート・スクール・レストラン」です。真っ白なテーブルに赤い椅子が印象的な店内は、天窓から降り注ぐ明るい日差しが差し込んでいます。オーナーシェフは、リバプールでもっとも有名なシェフのひとりポール・アスキューさんです。伝統を重んじつつ革新的な料理を提供するのがお店のコンセプトです。

イギリスで一番美しい湖水地方
リバプールから車でおよそ2時間、イングランド北部には緑豊かな田園風景が広がっています。そこはイギリスで一番美しいと言われる湖水地方です。大小16の湖が点在しています。

アフタヌーンティーで優雅なひと時
ウィンダミア湖は、湖水地方を代表する美しい湖で観光の拠点となっています。湖を見下ろす場所にあるレストラン「ホルベック・ギル」ではイギリス伝統のアフタヌーンティーを楽しむことができます。

ef0b73383f44363a0dd0e5fbbc5fd8c9_s.jpg


アフタヌーンティーは19世紀にイギリスの上流階級ではじまった習慣です。いまではイギリスの伝統文化のひとつになっています。ゆっくりと時間をかけて紅茶と軽食を楽しみます。(シャンパン・アフタヌーンティー約5700円)

詩人ウィリアム・ワーズワース
湖水地方で生まれ育ったウィリアム・ワーズワースは、イギリスのロマン派を代表する詩人です。ライダル・マウントは、ワーズワースが晩年を過ごした家で、家の中を見学することができます。(入場料大人約1400円)およそ200年前に建てられた家はいまでも当時のままの姿を残しています。自然を愛したワーズワーズが力を注いだのが庭園づくりで、ワーズワースの代表的な詩「水仙」もその庭園で作られました。


関連記事
旅サラダガールズ柿木理紗さんが行くイギリスの旅「スコットランド」


スポンサードリンク



posted by CYL at 12:10 | 旅サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。