2015年06月13日

香港の旅|旅サラダガール広瀬未花さんが行く

旅サラダ 香港の旅.jpg


香港の旅|旅サラダガール広瀬未花さんが行く



中華人民共和国
香港特別行政区
人口 約710万人
面積 約1103平方キロメートル


いまなお成長する街、香港。美食の街、アジアを代表する経済の街としてあふれるエネルギーと美しく輝く夜景、人々を引きつけてやまない香港を旅しました。さまざま看板が所狭しとひしめく九龍(くうろん)地区、ビクトリアハーバーを挟んで高層ビルが建ち並ぶ香港島とまったく違った二つの地区を楽しめるのが香港の旅の魅力となっています。

香港島の旅でははずせない
ピーク・トラム

運行開始は1888年、現在年間約490万人が利用するピーク・トラムの車内は各国からやってきた観光客で賑わっていて、急斜面をかなりのスピードで登っていきます。斜面の最大斜度は約30度、日本のケーブルカーのように常に座席が垂直になるようなつくりになっていないため、直接の斜面の傾きを感じることができます。

10分ほどで山頂にあるピークタワーに到着しました。眼下に広がる香港島の高層ビル群、その奥にはビクトリア湾と九龍の町並みが広がっています。ビクトリア湾はエメラルドグリーンに輝きとても綺麗です。


多く残る下町の雰囲気

高層ビルが建ち並ぶ間を縫うように下町の雰囲気を残した地域がたくさん残っています。屋台と椅子とテーブルが屋外に並んだ飲食店が軒を連ねます。私達が思い描く香港のイメージがそこにあります。

路地の奥で見つけた屋台「水記」はお昼時は地元の人で賑わう人気店。黒いタンクトップのおじさんが屋台に立って料理をしています。バラ肉を使った牛バラ麺がお店の一押しだと教えてくれました。さっそく食べようとテーブルにつくと坂の途中に備え付けられたテーブルと椅子は傾いています。だれも傾いていることなど気にしないのでしょう。そんな小さなことが、異国にきたことを感じさせてくれます。

麺の上に乗っていたのはじっくり煮込まれた大きな牛バラ肉でした。ネギや中国ブロッコリーと相性抜群、バラ肉はしっかり味がついていてとても美味しいものでした。香港のパワーの源、屋台の味を満喫しました。

街を走るトラム

次にむかったのは高層ビルが建ち並ぶセントラル地区です。100年以上の歴史を誇るトラムは観光客も気軽に利用できる便利な乗り物です。本数が多いのですぐにトラムがやってきます。トラムの2階の座席に腰を下ろすと風が爽快で、歩いて眺める香港の街とはまた違った風情をゆっくりと堪能することができます。また、街中を走るトラムがぎりぎりをすれ違う様子もスリルが楽しめます。

美食の街を支える乾物屋

さまざまな乾物を扱うお店が集まる海味街にあるお店「徳成海味」はプロの料理人も仕入れにやってきます。店頭には貝の乾物が山積みになっていて、店内にも大きな瓶に入った乾物が並んでいます。中国料理の高級食材として有名なあわびやツバメの巣などもあります。その種類は100種類以上だといいます。食の都香港を支える商店街です。

香港ビクトリア湾

ビクトリア湾とスターフェリー


天空のホテル
ザ・リッツ・カールトン香港

九龍島で一番高いビル「ICCビル」に宿泊するホテルがあります。香港島から九龍島への移動は120年以上の歴史をもつスターフェリーを利用します。料理金は日本円で40円ととても安く、いまでも市民の足として活躍しています。約10分ほどで香港島に到着です。

宿泊するのはザ・リッツ・カールトン香港。天井の高いエントランスで出迎えてくれたのは日本人スタッフでした。ホテルのクラブフロアという上層階に宿泊する宿泊客は116階にあるクラブラウンジでチェックインをします。クラブラウンジでは1日3回の食事や24時間飲み物のサービスを行っています。

部屋へと続く廊下と室内のデザインはブラウンを基調とした落ちついた雰囲気で統一されています。居心地のよさを追求した客室、そして窓からの眺めはまさに天空からの眺め、香港を文字通り一望することができます。

また、ホテルには女性に人気のスパがあります。スパでは翡翠のローラーをつかったフェイシャルトリートメント。窓からの景色で心癒され至福の時間を過ごすことができます。

スパで心も体もリラックスした後は、ホテルのレストランで食事に向かいます。高い天井と開放感のある大きな窓「天龍軒」は美食と美しい景色を堪能でき香港が誇るレストランです。名物は総料理長がつくるイベリコ豚をつかったチャーシューです。

活気あふれる女人街

九龍島で一際多くの人が集まる場所があります。それは数多くの露店がひしめく女人街です。生活用品からお土産まで何でも揃っています。

人気のファストフード

いま、香港で今話題のファーストフードは袋に入った麺に好きな具材をのせて食べるというもの。麺を選んで、具材を選び、ソースをかけて袋の中で混ぜれば完成です。街ゆく若者達が袋を手に食べながら歩く姿も見受けられます。冷たい麺は手軽で安くておいしい3拍子揃った香港ならではのファーストフードです。

百万ドルの夜景

香港の代名詞ともいえる大きなネオンサイトは夜になると鮮やかに光ります。百万ドルの夜景といわれる香港の夜景をみようと海岸沿いには多くに人々がやってきます。シンフォニー・オブ・ライツは毎晩8時から行われる人気のショーです。高層ビル群の色鮮やかなネオンがきらびやかに街や空を彩ります。

香港への旅は日本旅行のベストツアーが便利
7月〜10月毎日出発
関西発 幸福の香港食道 
成田・羽田発 香港グルメ物語


posted by CYL at 11:49 | 旅サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする