2015年06月13日

旅サラダ|日本全国コレ!うまかろう!!|京都・打田漬物

旅サラダ 日本全国コレうまかろう.jpg


旅サラダ|日本全国コレ!うまかろう!!
「打田漬物」の浅瓜漬


2015年6月13日のゲストは星由里子さんです。星さんのオススメのお取り寄せグルメは京都市下京区にある「打田漬物」の浅瓜漬(税込432円)です。創業昭和15年の店内には京都ならではの漬け物が並んでいます。

浅瓜漬は、シャキシャキとした食感が特徴の上品な漬け物です。打田漬物の打田学市さんは「瓜本来の味を生かすためにあっさりとした味に漬けています。まずそのまま切って食べていただいても結構ですし、白いご飯と一緒に、アクセントとして梅肉なんかをのせていただいてもよいかと思います。変わったところではパンの上にスライスした浅瓜をのせてオリーブオイルとパルメザンチーズをふっていただくと朝食の一品になると思います」と語ります。

美味しさの秘密

素材は、この季節にしか手に入らないシロウリを使います。シロウリは京都では浅瓜とも呼ばれています。シロウリの中の種を手作業で取り除いていきます。わたが少し残るような感じにすると一番おいしく仕上がるのだと職人さんはいいます。

その後、赤穂の塩を溶かした塩水に漬けますが、素材の味を生かすために塩分はかなり控えめにしています。一晩漬けたら今度は、北海道産の昆布と自家栽培の鷹の爪を加え、秘伝の調味液に一晩漬ければ夏の京都にはかかせない淺瓜漬の完成です。

お店情報「打田漬物」.jpg


お店情報「打田漬物」
住所:京都市下京区丹波口通大宮西入る丹波街道街302
電話:075-371-3195
HP:www.kyoto-uchida.ne.jp
お取り寄せ時間:9時から18時(定休日なし)




スポンサードリンク



posted by CYL at 09:56 | 旅サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。