2015年06月09日

ワールドビジネスサテライト|光るシルクが照らす未来


ワールドビジネスサテライト
光るシルクが照らす未来



グッチの光るドレス
高級ブランド「グッチ」が開いた企画展で展示されたのは光ドレスです。ドレスを手がけたのは現代美術家のスプツニ子さんです。「遺伝子組み換えカイコで作ったシルクで作られている。オワンクラゲやサンゴの遺伝子をカイコにいれることで光るシルクができあがる」と語ります。

カイコの遺伝子組み換え技術
光るドレスに使われていたシルクは、農業生物資源研究所が開発した光るシルクこと”蛍光たんぱく質含有絹糸”で、カイコの遺伝子組み換えによってつくられています。その特徴は、紫外線をあてると光ることで、ファッションの素材として注目されています。

農業生物資源研究所は、2000年にはじめてカイコの遺伝子組み換えに世界ではじめて成功し、以来、世界の研究をリードしています。カイコが作り出すシルクが光るだけではなく、カイコにLEDを当てると体全体が緑や赤に発光するカイコや目が光るカイコの成虫も遺伝組み替えによってつくられています。

蛍光タンパク質を遺伝子に組み込む
光る素となるのはオワンクラゲが持つ遺伝子にあります。オワンクラゲの体内にある光る物質「蛍光タンパク質」をつくる遺伝子を取り出してカイコの遺伝子に組み込むことで、カイコのさまざまな場所を光らせることに成功しました。

当初、カイコの遺伝子のさまざまな所に蛍光タンパク質の遺伝子を組み込みました。すると組み込む場所によって光る場所が変わることがわかったのです。目が光ったり、体全体が光ったり、紡ぎ出す糸が光ったりと種類が異なる遺伝子組み換えカイコとなったのです。

応用技術「クモ糸シルク」
技術を応用したクモの糸をつくる遺伝子を組み込んでつくったのが「クモ糸シルク」です。切れにくいクモの糸の特性をもつため、普通のシルクの1.5倍の強度があります。衣服や手術用の糸などに利用が見込まれています。



スポンサードリンク



posted by CYL at 16:15 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。