2015年06月04日

NHKスペシャル 第2回「”バブル”と”失われた20年”何が起きていたのか」5

NHKスペシャル|戦後70年ニッポンの肖像
第2回「”バブル”と”失われた20年”
何が起きていたのか」その5


<なぜ日本企業は長い停滞から
抜け出せなかったのか>
理由その2 IT技術革新



IT技術革新 ハードからソフトへ
90年代アメリカのシリコンバレーでは、IT技術革新が起きていました。それは、これまでのものづくりの概念を変えるものでした。

三洋電機元会長の井植敏さんは、消費者が選択視が厳しいため日本で売れるものは世界でも売れると考えていましたがそれはハードウェアの話で、システム、ソフトウェアとなると話は別だと語ります。

三洋電機は、人を大切にする経営から効率化に舵を切り人員削減を行いましたが、結局それが会社の体力をすり減らす結果となり、2012年三洋電機の洗濯機と冷蔵庫部門がハイアールに買収されました。その後、三洋電機はパナソニックの傘下に入りSANYOというブランドは消えてしまいました。

名目GDPの国際比較(シェア)1995年から2013年
中国 2%から12.5%へ
日本  17.5%から8%へ
アメリカ 25%から22%へ


金融システムの違い
アメリカは直接金融で、銀行などを介さずに市場から直接資金を調達するため、企業は問題があればすぐに処理しないと会社が潰れてしまいます。

それに対して、日本は間接金融で銀行などを通じて資金を調達するため、銀行からの資金が続く限り問題を先送りできます。スピードが求められるグローバル競争で立ち遅れてしまった要因のひとつとされています。

中国に資金と技術が
いままで発展途上国では規格大量生産はできないとされてきました。規格大量生産に必要なのは3つ、人、技術、資金です。例えば、中国では人はたくさんいますが、技術と資金がありませんでした。しかし、アメリカの投資銀行が中国に資金を提供しています。投資銀行は長い視点で儲かる投資先として中国に投資しているのです。さらにコンピュータの普及で技術を獲得し、あっという間に先進国に追いついたのです。

人件費が安い中国と同じ商品をつくっていたのでは太刀打ちできません。アップルは中国で商品を製造していますが、中国と競争するのではなく利用するのが得策です。

そしてアップルにみるようにアメリカは、スマートフォンのような新しい発明とブランド化の両輪で上手にビジネスを行っているのです。

その4に戻る | その6へ進む




スポンサードリンク



posted by CYL at 10:23 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。