2015年06月03日

NHKスペシャル 第2回「”バブル”と”失われた20年”何が起きていたのか」1


NHKスペシャル 戦後70年ニッポンの肖像


豊かさを求めて
第2回「”バブル”と”失われた20年”
何が起きていたのか」




<なぜバブルは膨らんだのか>


理由その1 金融の自由化

経済の体温計といわれる株価。先日2万円の大台を超えてニュースになりましたが、バブル絶頂期には38,915円まで上昇し、株などの資金運用で儲ける”財テク”という言葉が流行っていました。

金融に走る企業
当時、世界的に有名になった日本人がいます。”キタマネー”の異名を誇った阪和興業の北 茂社長です。本業は鉄や金属を扱う鉄鋼商社ですが、積極的な資金運用”財テク”を拡大させていました。

阪和興業は、高度経済成長を支えた鉄鋼の流通を担い急速に売り上げを伸ばしていきました。しかし、70年代に起こった2度のオイルショックを境に日本の高度成長に陰りが見え始めます。

鉄鋼の需要はそれまでの時代と同じには望めない時代がやって来ようといていました。その予想通り、創業以来右肩上がりを続けていた三和興業の売上は80年代に横ばいに転じました。

会社の元幹部の新宅さんは会社が変わる様子を記憶しています。これまで大切にしてきた社是社訓を取り下げ、掲げられたのは”利益第一主義”ののぼりだったといいます。


海外から資金調達し国内の高い金利で運用
アメリカからはじまりのちに世界へと広がった「金融の自由化」です。海外からの資金調達や金利の自由な設定などが行えるようになりました。アメリカは日本に金融の自由化を働きかけていました。

当時のアメリカ財務次官補のディビット・マルフォードさんには日本の金融の自由化には2つの狙いがありました。ひとつは、日本の金融市場を自由化することで巨額の資金を抱える日本の投資家たちに投資の選択肢を広げることでした。そしてもう一つはアメリカの金融機関の日本市場への参入の拡大でした。

金融自由化によってもたらされた新たな投資手法は日本企業を財テクに駆り立てました。企業は日本より金利の低い海外から資金を調達し、その資金を金利の高い国内の銀行預金や株式・為替で運用し資金を増やしていきました。阪和興業は財テクをはじめて5年で、財テクの利益は本業の2倍になっていました。

株価を引き上げる違法な取引
山一証券は”ニギリ”という損をさせない利回りを保証するかわりに阪和興業に巨額の取引を求めていたのです。ニギリは違法です。

当時、山一証券で株式部長を務めていた石原弘康さん(のちに副社長になった人物)は、ニギリに走った理由は、金融自由化で証券会社同士の競走競争激化が背景にあったと語ります。

そんな中、株価は85年には1万円台でしたが、4年後には3倍以上に跳ね上がってあがっていったのです。


続きを読む その2

スポンサードリンク



posted by CYL at 18:23 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする