2015年05月24日

TBS健康カプセル「ゲンキの時間」ゼロから学ぶ紫外線対策


TBS健康カプセル「ゲンキの時間」
ゼロから学ぶ紫外線対策




1年間で紫外線量がもっとも増えるのが5月から8月の期間です。紫外線といえば、シミやシワの原因となることで知られていますが、意外にも疲労との関係が明らかになっています。今回は紫外線についての正しい知識と身体への影響、そして対策法についてご紹介いたします。間違った知識や思い込みがきっと見つかるはずです。


隠れシミ
シミには目に見えるシミと目には見えませんが将来現れる可能性を秘めた隠れシミの2つがあります。

シミになるメカニズム
肌に紫外線が当たると表皮の一番下にあるメラノサイトが活性化します。活性化したメラノサイトが黒いメラニン色素を作り出し肌を黒くします。通常メラニンは一定期間で生成が止まり表皮は自然と剥がれ落ちるのでシミにはなりません。しかし紫外線を浴び続けるとメラノサイトに異常が起こり過剰にメラニンを生成し、いつしかシミになってしまうのです。

シワになるメカニズム
コラーゲンなどを作り出す機能が低下し真皮(表皮に対して肌の内部)を正しい構造に保つことでできなくなります。そして皮膚の一部に歪みができてシワになってしまうのです。

紫外線と疲労の関係

紫外線と疲労の関係を調べるために実験を行いました。被験者に日なたと日陰で1時間過ごしてもらい30分ごとの疲労をチェックしました。疲労度は交感神経と副交感神経のバランスを数値化し、その値が0.8-2.0が正常値で値が大きいほど疲労しているとします。さらに被験者の自覚症状を9項目で調べます。

実験当日の天候は晴れで最高気温24.6度でした。まず被験者には日陰で1時間を過ごしてもらいました。1時間後、計測した数値は正常の範囲で疲労は見られませんでした。次に日なたで1時間を過ごしてもらいました。すると数値は正常値の上限である2.0を大きく上回り値は10に近い値を記録しました。日なたで過ごした疲労度がどのくらいなのか調べるために、日没後被験者に30分のジョギングを行ってもらいました。ジョギング後に計測した値は2.09でしたので、日中に日なたで1時間座っていたときの疲労度がかなり大きいことがわかります。

なぜ疲れるのか
疲労とストレスの関係に詳しい関西福祉大学教授 倉恒博士によると「紫外線は身体の活力を高めてくれるというメリットがある一方で、細胞レベル、遺伝子レベルで傷が入るため、活動を続けずに一旦身体を休憩して傷を治そうとするため疲労を感じる」といいます。

注意!目の紫外線対策

紫外線対策として日焼け止めを塗ることは大切ですが、忘れがちで注意が必要なのは目の紫外線対策です。目からの紫外線も疲労の原因となります。

マウスを使った実験で目から入る紫外線量と疲労の関係が明らかになっています。実験では、マウスの目だけに紫外線を当てて10分間の走行距離を計測したところ、照射前と照射後を比較すると照射した後では走行距離が8分の1になったという実験結果があります。このような結果を引き起こした原因は、目の表層に炎症が起きて、その刺激が脳に伝わり身体がストレスを感じ疲労につながったことと考えられています。

また、目から入る紫外線は、視野がかすんだり失明の危険性のある白内障の原因となることがわかっています。太陽光に含まれる紫外線が水晶体に入り込むとタンパク質が変化して白く濁ってしまうのです。

1日の紫外線量が多いのは午前10時から午後1時の間ですが、目から入る紫外線として注意すべき時間帯は午前9時と午後2-3時です。太陽の位置の関係で紫外線が平行に目に入り込む時間帯だからです。

紫外線の種類と割合
UVA 約90%-95%
UVB 約5%
UVC オゾン層で吸収

UVA
波長が長いので皮膚の深部に影響を及ぼしシワ、シミ、タルミの原因となります。

UVB
波長が短かくDNAを傷つけ皮膚ガンの原因となります。皮膚ガンの最初の兆候はほくろと似ているので気がつきにくいとされています。ほくろと見分けるポイントは2つありまります。ほくろに比べて形が歪なことと少し窪んでいることです。

雨の日も注意
紫外線の量は、晴れの日を100%とすると曇りの日は約60%、雨の日で約30%となり、くもりや雨の日でも意外と紫外線は私たちに影響を及ぼしていることがわかります。

紫外線対策


日傘選び

日傘は主に白色と黒色の日傘がありますが、色は黒がオススメです。というのは、白色は反射率が80%と高く上から降り注ぐ紫外線を反射しますが、地面からの照り返しによる紫外線を傘の内部で反射させて顔に紫外線が当たってしまいます。黒は反対に紫外線を吸収しますので、色は黒い日傘がオススメです。また、日傘は1年から2年ごとに買い換えるか、UVカットスプレーを使うことをオススメします。日傘をずっと使っていると繊維などが痛みUVカット率が低下してしまうからです。日傘のさし方にも注意が必要です。さし方はできるだけ頭に近づけて紫外線から顔を守るようにさすのよいとされています。

帽子選び

帽子はメッシュ地ではない方がよくツバがついたものがオススメです。また無防備な首を守るためにストールを巻くとよりよいでしょう。ストールは肌触りがよく涼しい綿100%の素材がオススメです。また首の周りにストールを巻くことは熱中症対策としても有効です。

サングラス選び

サングラス選びはレンズの色の濃さに注意が必要です。黒いサングラスでは瞳孔が開くので逆に紫外線を多く取り込んでしまいます。現在はクリアなサングラスでもUVカットされていますので、サングラスは色ではなくUVカット率で選ぶことが大切です。またサングラスは目の周りを覆うタイプを選び横や上から紫外線が入りこまないものを選ぶのがポイントです。

日焼け止め

日焼け止めクリームは、一度塗っても汗などで落ちてしまうため、2〜3時間ごとに小まめに塗り直すことが紫外線対策として有効です。


posted by CYL at 13:28 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする