2015年05月15日

NTTドコモが新潟市と連携して効率的な米作りを目指す


NTTドコモ
新潟市と連携して効率的な米作りを目指す




食料自給率が低い日本で、私たちの主食であるお米の生産は、地球環境の変化による異常気象などを考えると今後ますます重要なものとなります。そんな中、情報通信技術(ICT)を利用した効率的な米作りを目指す取り組みが注目を集めています。


14日、NTTドコモは米どころの新潟市と連携し情報通信技術(ICT)を活用した効率的な米作りの実証実験を行うと発表しました。「地方創生、社会的課題の解決にICT、モバイルが欠かせない。」とNTTドコモの加藤薫社長は語ります。

米作りで一番労力がかかるのが水田の水の管理です。水田にセンサーを設置し、水温や水位を計測し、スマホなどで情報を確認します。異常があれば警報で知らせる仕組みです。

実証実験では、新潟市の農業生産法人13社、個人生産者9人が参加して、2016年3月まで行われる予定です。


posted by CYL at 09:27 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする