2015年05月14日

NTTドコモとローソンが業務提携 dポイントがローソンで使える

NTTドコモとローソンが業務提携
dポイントがローソンで使える


13日、NTTドコモの加藤薫社長はローソンとの業務提携を発表しました。共通ポイントカードの「ポンタ」との提携でドコモで貯めたポイントの交換や、ローソンでの買い物値引きのサービスが加わることとなります。


共通ポイント制度
共通ポイント制度は色々なお店でポイントが貯められるカードのことです。現在は3つの陣営があります。各カードともコンビニやネットと提携をしています。ポイント還元率などの各陣営で違いがあります。

共通ポイント制度 3つの陣営

楽天スーパーポイント
会員数 9900万人
コンビニ サークルK
ネット 楽天
携帯 なし


ポンタカード
会員数 6900万人
コンビニ ローソン
ネット リクルート
携帯  ドコモ

Tポイント
会員数 5300万人
コンビニ ファミリーマート
ネット ヤフー
携帯 ソフトバンク

楽天・ポンタの還元率
購入額の1%(原則)

Tポイントの還元率
購入額の0.5%(月間利用額で変動)


ドコモとポンタ共通ポイント制度
今回のドコモとローソンの提携によって、ドコモユーザーは、12月から全国1万1000店のローソンで携帯料金などでためたポイントで買い物ができるようになります。

クレジットと連携
また、ドコモのクレジットカードでローソンで買い物をすると6月から3%の値引きになります。値引きというのははじめてのサービスで他社との大きな差別化となります。


ドコモdポイント
dポイント1ポイント=1円で使える

ローソンなど2万3000店以上で使えるポンタとの交換も可能


今回のドコモとローソンの提携により、ドコモのユーザー5400万人とポンタ会員6900万人が結ぶ架け橋となります。


ポイントを貯める秘訣
1年で20万円以上をポイントで貯めるポイ探 菊池崇仁社長は今回の提携について、「ドコモポイントは使い勝手が悪く、携帯の機種変更くらいしか使えなかったので一般的なお店で使えると非常に使い勝手がよくなる」と今回の提携に注目をしています。

ポイントを貯める基本は、共通ポイントカードを3つ(楽天、ポンタ、Tポイント)すべてを持ち、普段の買い物で得られるポイントの逃さないということ。

菊池さんは貯めたポイントをすべてを航空会社のマイルに交換し特典航空券に替え、去年は福岡と沖縄に家族で旅行に行き、10万円くらいの旅行はマイルで行っていると語ります。


ネット
ネットで買い物でお得なのがポンタ。リクルートが運営するポンパレモールでは、購入額の3%のポイントがもらえます。だだし、加盟店が少なく、価格自体が高い場合もあるので注意が必要です。


旅行
ヤフートラベルでは、Tポイントが5%以上が溜まる宿泊プランが用意されています。そしてじゃらんではポンタポイントが2%溜まります。


今後は電力会社も?
今後は、電力会社、ガス会社などの料金も共通ポイント制度の入ってくる可能性があります。現在、共通ポイント陣営からの提携にむけた働きかけが行われているとのことです。


posted by CYL at 09:54 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする