2015年05月14日

トヨタとマツダが提携強化 環境分野と先進技術開発

トヨタとマツダが提携強化


13日午後、トヨタ自動車の豊田章男社長とマツダの小飼雅道社長は会見を開き従来の業務提携の強化について発表しました。

会見でトヨタ自動車の豊田章男社長は「両者の経営資源の活用や商品・技術の補完など相互にシナジー効果を発揮しうる継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印した」と語りました。

なぜいま必要なのかという記者からの質問に豊田社長は「両者ともチャレンジし続けたい。当社の縁のないカーオブザイヤーをマツダさんはわたしが在任中に2度とっている」として自分たちが持っていない魅力ある車づくりを学びたいとしています。

今回の提携関係の強化により、トヨタ自動車の燃料電池技術とマツダが持っているクリーンディーゼル技術の相互提供を検討しています。環境技術において競争力強化が狙いです。また、自動ブレーキなど最先端の安全システム技術を共同開発を進める予定です。

今後、検討委員会を立ち上げて具体的な内容をつめて両社は最終合意を目指します。




スポンサードリンク



posted by CYL at 08:48 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。