2015年05月03日

「がっちりマンデー」成城石井の儲かりの3つ秘密

がっちりマンデー
スーパーマーケット「成城石井」

儲かりの3つの秘密

成城石井は、もともとは東京世田谷区にある高級住宅街「成城」にある石井さんがはじめたスーパーです。ここ数年、駅ナカ、郊外、都心に、関東地方中心に出店し、店舗数を年々増やし現在では124店舗になっています。売り上げも右肩あがりでいま注目のスーパーマーケットのひとつです。

儲かりの秘密1
豊富な品揃え


高級住宅街成城の奥様方の商品を見る目はとても厳しい。そんな奥様方
にお店は鍛えられてきたといいます。奥様方のニーズにこたえるために豊富な品揃えになっています。

たとえばコーヒーは200種類、紅茶300種類、トマト30種類、チーズ270種類、どれも他のスーパーとは桁違いの豊富なラインナップを誇りお客さんのハートをがっちりとつかんでいるのです。

儲かりの秘密2
ハイレベルなお惣菜&スウィーツ


通常出来たてを重視してバックヤードで調理するのが一般的なスーパーの惣菜ですが、成城石井では自社工場でつくり各店舗に配送を行っています。

ハイレベルなわけは、一流店で修行した料理人が料理をつくっていること。スウィーツは銀座マキシムドパリ、ベーカリーはホテルニューオータニで働いていた職人などが担当しています。

元銀座マキシムドパリのパティシエの光野正三さんがつくる「プレミアムチーズケーキ(760円)」はレーズンとなどがアーモンドがたっぷり入った人気ナンバー1商品です。

なぜ一流料理人が成城石井に集まるのか、その理由のひとつは大量につくることでレストランなどの1つのお店ではなかなか使うことができない高価な食材もふんだんに使うことができるのです。それは料理人にとっては大きな魅力となっているようです。

儲かりの秘密3
レジがすごい!


成城石井のレジは基本2人体制です。代金を担当するひとと袋詰めするひとに分かれています。

またその技がすごいのです。商品が潰れたり傷ついたりしないようにたとえばイチゴを包む袋には空気を入れてクッションをつくったり、長ネギは折れないように手持ちの袋に通したりしてくれるのです。

2人体制は単に速いというだけではなくお客さん思いの小さな気遣いがお客さんの心をがっちりつかんで離さない秘密のようです。

豊富な品揃えを支えるバイヤー
通常のスーパーは海外での買い付けは商社などに任せるのが一般的です。商社だと売れ筋商品以外の商品がなかなか入ってこないという悩みがありました。そこで成城石井では自ら仕入れを行うことにしたのです。

愛媛県
ひじき生産者の元へ
興居島のひじき
「寒どれひじき」と呼ばれ量が少なく幻の絶品とも言われています。実際にひじきづくりの現場を自らの目で確かめ生産者に気になることを熱心に聞き取りをします。

プレゼント
成城石井
お菓子部門売り上げ1位
「手巻き納豆」
100名にプレゼント
応募電話番号
0180ー999ー915
5日火曜日まで




posted by CYL at 11:10 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする