2015年04月28日

「カンブリア宮殿」デザイン×印刷で脱下請け グラフ社長 北川一成さん1

グラフ社長
北川一成さん(48)

デザイン×印刷で下請けから脱出


兵庫県加西市にあるグラフは大手が敬遠しがちな難しい印刷を請け負います。どんなに難しい印刷でもやってくれると評判になり世界中から注文が集まっています。いまでは印刷業界の駆け込み寺と呼ばれるほどです。

グラフの前身は一族で経営をする北川紙器印刷という会社でした。仕事は新聞のチラシなどほぼ100%が下請けの会社でした。経営は厳しく会社は崖っぷちに立たされていました。そんな苦境から会社を救ったのが北川さんでした。

まずは北川さんは色にこだわりました。通常は色見本から色を選択するのが普通でしたが、北川さんはどんな色でも自ら作り出すことにしたのです。それを可能にしたのは25年かけて作り出した独自の”色の調合データ”です。蓄積されたデータは7000色にもなります。そして、他社が敬遠する印刷を引き受けてきました。

ここで印刷業界の現状ですが、全国の印刷所の数はここ10年で3万カ所から2万カ所へと減少しています。印刷業界は大手2社で全体の25%を占めているので残りの75%を2万社でわけあっている厳しい状況にあります。

つづきを読む 脱下請けの秘策






スポンサードリンク



posted by CYL at 14:55 | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。