2015年04月21日

NHK「経済フロントライン」ドイツ発インダストリー4.0 オーダーメイド

NHK「経済フロントライン」
ドイツ発インダストリー4.0


オーダーメードに対応せよ

新興国の安い労働力による大量生産に対して真っ向勝負をしても先進国は勝てません。そこで考えられる戦略がオーダーメイドです。しかし顧客のニーズひとつひとつに応えるためにはさらなる効率化と新しい仕組みが必要です。


日本の伊東電機は、生産ラインに進化をもたらします。生産ラインにつかわれるローラーひとつひとつにモーターをいれて独立式にしたパワーモーラーという商品を開発しました。それによって生産ラインが交差するような複雑な生産ラインを組めるようになり、オーダーメイド商品の製造に大きな可能性を与えてます。

またドイツのフラウンホーファー研究機構は、大量の部品を管理する方法の研究に取り組んでいます。部品管理はひとの目で確認して台帳と照らし合わせるのが一般的ですが、その作業を自動化するために部品を入れる箱のカメラを設置し、カメラで部品を把握する実験を行っています。

実用化されればどの部品がどこの工場にどのくらいあるのか簡単に把握することができます。情報をデータベース化することでオーダーメイドに必要な多様な部品の調達に役立つと考えています。







スポンサードリンク



posted by CYL at 22:00 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。