2015年04月20日

NHKスペシャル 第1回”戦後”はこうして誕生した 安全保障と沖縄

前に戻る 巡幸、天皇退位論


沖縄と安全保障

1947年5月6日
アメリカ大使館公邸でマッカーサーと4度目の会談に昭和天皇はのぞみました。

その会談で昭和天皇は新憲法で軍備を持たなくなった日本の安全保障についてマッカーサーに問いかけました。マッカーサーは「米国の根本観念は日本の安全保障を確保することである。この点については十分ご安心ありたい」と回答をしています。

マッカーサーが極東防衛の拠点として位置付けていたのが「沖縄」でした。沖縄は当時、アメリカ軍の支配下にあり住民の土地は次々と基地に姿を変えていました。

芦田外務大臣は講和にあたり沖縄の返還を主張しました。1947年6月の記者会見で「沖縄は日本経済にとってたいして重要ではないが、日本人は感情からいってこの島の返還を希望している」と語っています。しかし、マッカーサーは1947年9月国務長官あての文書で「もし琉球諸島の確保に失敗するならばアメリカに軍事的破滅をもたらすだろう」と記しています。

そんなとき、アメリカ国務省に一通の文書が届けられました。「琉球諸島の将来に関する日本国天皇の意見」と題されたいわゆる「天皇メッセージ」です。「天皇はアメリカが沖縄をはじめ琉球諸島を軍事占領し続けることを希望している。天皇の意見によるとその占領はアメリカの利益になり日本を守ることにもなる。」さらに、「日本に主権を与え、長期租借という形で行われるべき」と記されていました。

この文書は、沖縄を切り捨てたという意見と、租借という形で日本の主権を確保したという2つの見方がありますが、現在ではアメリカの政策決定にどのような影響を与えたのかはわかっていません。(それを判断する十分な資料がまだ揃っていません)

1949年10月1日、国民党との内戦に勝利した共産党が中華人民共和国 建国し、1950年6月5日には朝鮮戦争が勃発しました。国内では平和をもとめて東西両陣営と講和をすべきという声が高まっていましたが、アメリカは日本を反共産主義の防波堤と位置付けていたために西側諸国との講和を急ぎました。

1951年9月8日
サンフランシスコ平和条約調印
沖縄は日本から分離され、敗戦から約7年でGHQによる占領が終わり再び主権を取り戻しました。






スポンサードリンク



posted by CYL at 10:41 | NHKスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。