2015年04月17日

カンブリア宮殿 東京R不動産リノベーションで街の魅力アップ

カンブリア宮殿

新たな住まいの価値を世の中へ
東京R不動産3


<リノベーション>

古い建物を改装して新しい価値を加えます。

佐賀県
佐賀市柳町地区

煉瓦づくりの建物や蔵などが残る歴史ある地域です。建物の保存と管理に悩んでいた佐賀市は2年前に古い建物のリノベーションを東京R不動産へ依頼しました。新しいデザイン、新しい使い方、アイディアで建物と街が生まれ変わりました。蔵だった建物は外観を復元し、中の天井や梁など古く趣のあるものはそのまま生かしつつ、新しく改装し、いまではカフェや写真スタジオとなり多くの人が訪れる場所になっています。

石川県金沢市
町家が残り北陸の小京都と呼ばれ歴史の風情が感じられる街ですが、老朽化した空き家が多く存在しています。(石川県の空き家率は14.8%(2013年)、全国の空き家は約820万戸(2013年))現在町家をリノベーションして新しい宿泊施設をつくるプロジェクトが今年秋のオープンにむけて進められています。


地方都市の再生、活性化
活性化する必要はないのではないかと馬場さんは語ります。「静かで穏やかな日常が流れていることが地方都市の魅力。こんなにいい暮らしや働き方ができると実現してみせれば「だったら俺も」というひとが自動的に増えてくる」と語ります。

これからの不動産は
いままでは住空間、働く空間は商品だった。しかしこれからは自分がつくっていく、参加していくようになるので、自分スタイルに染める余地が残っている不動産にこそ価値があるというふうに変わっていく。


<あらたな事業>

公共R不動産

全国の有効活用されていない公共施設を紹介するサイトを開設しました。廃校になった小学校や元消防署があった建物など、買い手や借りてだけではなく新たな利用方法を募集するものです。

京都府与謝野町 町長 山添藤真さん
目の前が天橋立という立地にある公園はあまり利用されていないといいます。そんな公園に人を呼ぶことを考えてほしいという依頼が東京R不動産へ町長直々にありました。馬場氏は企画力、デザイン力で面白くすると語ります。



前に戻る  3人の設立者のユニークな経歴
前に戻る  不動産仲介業の特徴



スポンサードリンク



posted by CYL at 11:32 | カンブリア宮殿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。