2015年04月10日

エコキャップ推進協会 収益を寄付しておらず

エコキャップ推進協会
ペットボトルのキャップの収益を寄付をしていなかった問題


「途上国にワクチンを届ける」ということでエコキャップ推進協会が全国の善意ある人々から集めたペットボトルのキャップの収益を寄付をしていないことがわかりました。

エコキャップ推進協会で集められたペットボトルのキャップはリサイクル業者などへ売却されたのち、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下JVC)へ送られ、途上国にワクチンが届く仕組みになっています。

しかし、寄付を受ける側のJVCによると、エコキャップ推進協会からの寄付は2013年9月から2014年12月まで滞っているといいます。

エコキャップ推進協会は、収益を寄付していないにもかかわらず「ペットボトルのキャップで世界の子どもにワクチンを届けよう」などのキャッチフレーズで変わらずペットボトルのキャップを集めていたということです。今後の対応についてはホームページ上で本日中に発表するとしています。




posted by CYL at 12:28 | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする