2015年04月08日

NHKスペシャル×新アレルギー治療 お米を使った最新の治療

アレルギーの完治をめざす
最新の治療


舌下免疫療法
体を花粉のエキスに慣れさせて体質改善を図る方法で花粉のエキスが入った薬を毎日舌の裏側にかけるという治療法です。舌下免疫療法を2年間治療を続けた50人のうち多少なりとも効果があったとしたのは7割で、3割にはまったく効果がありませんでした。調べてみると症状が改善した人はTレグが増えているのに対して効果がなかったひとはTレグが増えていなかったことがわかりました。

舌下免疫療法は花粉専門のTレグを増やす治療法と言えますが、体内に入れる花粉の量が少ないために治療に時間がかかり、体質によってはTレグがうまく増えないことがわかってきたのです。

舌下免疫療法進化版
そこで安全かつ大量に花粉を体内に取り込み効率よくTレグを増やす方法が模索されており、現在治療の試験がはじまています。その治療とは毎日1食花粉の成分が大量に含まれている特別なお米を食べるだけというものです。

国立の研究所 農業生物資源研究所が開発
アレルギーを引き起こすのは花粉の中のタンパク質。そのタンパク質を最新技術で操作してつくったお米が治療に使われます。

作り方
まず花粉の中のタンパク質からTレグを増やす効果が期待できる部分を取り出します。さらにその中からアレルギーを引き起こすのは危険部位を取り除いたものをお米の中に入れるのです。5年後の実用化を目処に現在研究されており、実用化されれば米を食べるだけで次に花粉シーズンには快適に過ごすことができるとしています。(その効果が継続するのかいまのところわかっていません)

50人が参加して臨床試験が行われました。2ヶ月間お米を食べた結果、Tレグが増えて、花粉の攻撃細胞が平均で50%減少したという結果が出ています。

一年でももっともいい季節である春を花粉を気にせずに満喫できる日が近いうちにやってくるかもしれません。




スポンサードリンク



posted by CYL at 18:22 | 科学・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。