2015年04月06日

夢の扉+ 石坂産業社長 石坂典子さん 産業廃棄物を100%リサイクル1

夢の扉+ 石坂産業株式会社社長 石坂典子さん
リサイクル100%へ!産業廃棄物を宝にする女性社長1




<焼却炉を撤去してリサイクル工場へ>
かつて埼玉県では産業廃棄物の焼却によりダイオキシンが発生し、地域住民に健康被害と農作物の風評被害が問題となり、産業廃棄業者に対して反対運動が展開されていました。石坂さんの父が当時社長を務めていてダイオキシンを排出しない焼却炉を15億円かけてつくったばかりでしたが、多くの住人には納得してもらえませんでした。石坂さんは父に自らを社長にしてくだいさいとお願いしたのはこの時でした。

今後会社を継続していくなら、地域から必要とされない会社では生き残ることができないと石坂さんは考え、地域が反対している焼却炉をやめて事業を転換しようと決断をし、父を説得して30歳で社長となりました。その後、大金をつぎ込んでつくった焼却炉を撤去してリサイクル事業へと舵を切ったのです。


<現在リサイクル率97%>
焼却処分を一切やめリサイクルに乗り出し、あらゆる廃棄物を徹底的に分別し現在では国内トップクラスの97%のリサイクル率を誇り1日に300台のトラックがやってくる行列のできる産廃業者となっています。扱っているのは建物を壊した時に出る土砂や瓦礫、木材やコンクリートのほかプラスチック、金属までが混じっている廃棄物です。徹底的に分別することでリサイクルを行っています。


分別する
手選別ー大きなゴミを手で選り分ける
磁選別ー大きな磁石で鉄くずを取り出す
破砕機ー残ったゴミを細かく砕き大きさを揃え
風力スクリーンーファンで風を送り軽いかみや木屑などを遠くへ飛ばし重いものを手前に落としていく。

破砕と粉砕を何度も繰り返すことで徹底的に分別を行っています。


つづきを読む 目標はリサイクル率100% 産学協同プロジェクトで



posted by CYL at 07:00 | 夢の扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする