2015年04月05日

がっちりマンデーで紹介された北海道浜中町農協「成分無調整4.0牛乳」

がっちりマンデー×儲かる農協
北海道浜中町農協「成分無調整4.0牛乳」



儲かる農協1 
「成分無調整4.0牛乳」
北海道浜中町
浜中町農業協同組合



<成分無調整4.0牛乳>
牛乳の中の牛乳といわれる4.0牛乳は、他ではつくれないと石橋農協長はいいます。

そもそも4.0牛乳とは牛乳に含まれる乳脂肪分の割合が4.0%の牛乳のことで主流は3.5% 3.7 %です。

4.0牛乳を年間を通してつくれるのは全国で浜中町だけとあり、高級アイスクリーム代名詞でもあるハーゲンダッツの原材料に選ばれています。

人間の味覚は脂肪分でうまさを感じるため普通の牛乳よりも4.0牛乳は”甘さ”と感じます。

浜中町農協の生乳生産量(年)は約9万8千トンで 売り上げ約89億円を誇ります。

<なぜ4.0牛乳を年間を通じて供給できるのか>
カンに頼らず科学的な見地に基づいた数字で組み立て4.0牛乳を実現している。

1頭ずつのデータを月に1回調査
一頭ずつ乳量、乳脂肪率を調べ4.0%に満たない牛が見つかれば対策を講じることができる仕組みになっています。

データを元に1頭ずつエサの配合を変える
乳中の尿素の値をみてそれをエサのバランスに反映し一頭ずつエサを変えています。

栄養が多すぎると牛の健康にはよくありませんし、栄養不足だと4.0%の牛乳ができません。そのため3種類のエサである配合飼料(タンパク質)、コーン(炭水化物)ビートパルプ(食物繊維)の配合を一頭一頭調整してそれぞれの牛に最適なエサを与えているのです。

さらに酪農技術センターでは干し草の栄養値、干し草用の土壌分析を行ってこちらも数値として把握しています。

科学的根拠に基づく生産管理システムで浜中町農協の年間売り上げは107億円を誇ります。

つづきを読む 儲かる農協2
がっちりマンデーで紹介された豊橋養鶉農協「うずらたま5くん」







スポンサードリンク



posted by CYL at 11:01 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。