2015年03月30日

ドイツ機墜落事故 日本人家族が慰霊碑に花を手向ける

ドイツ機墜落事故 
日本人家族が慰霊碑に花を手向ける




ドイツLCCジャーマンウィングスの航空機が墜落して1週間が経ちます。

29日フランス・ルベルネでは日本人搭乗者の佐藤淳一さんの妻・父親・同僚らが墜落現場の山が見渡せる慰霊碑を訪問し花を手向けました。

現地の警察によりますとこれまでに70人以上の遺体の身元確認が確認されました。日本人家族も身元確認に協力するためDNAの採取などを行うとのことです。

ドイツの新聞では機長が墜落直前まで「ドアを開けろ」とコックピット内の副操縦士に叫ぶ声や乗客の悲鳴、ドアを壊そうとする音、また頼むから開けてくれという声などが回収されたボイスレコーダーに記録されていたと伝えています。それに対して副操縦士の返答はなかったということも伝えています。

関連記事
フライトレーダー24で墜落したジャーマンウィングスの飛行経路を確認
posted by CYL at 22:52 | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする