2015年03月29日

東洋大 桐生祥秀 追い風参考ながら9.87をマーク

東洋大 桐生祥秀
追い風参考ながら9.87をマーク


アメリカのテキサス州オースティンで開催されたテキサス・リレー100メートル決勝に出場した東洋大学の桐生祥秀選手が驚異的な記録で優勝した。

追い風参考ながら10秒台を切る9秒87を記録しました。桐生選手は素晴らしいスタートを切り徐々に加速し後半も失速することなくそのままゴールを駆け抜けました。記録をみた桐生選手は飛び跳ねてガッツポーズをし喜びをあらわにしました。

桐生選手は昨年9月に肉離れをし今回は復帰初戦でした。復帰戦とういうことで肩の力が抜けてそれがよい走りにつながったのかもしれません。日本人には不可能といわれた9秒台が出たことは日本の陸上界全体によい影響を及ぼすことでしょう。






スポンサードリンク



posted by CYL at 10:21 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。