2015年03月27日

市川・里見公園 桜の開花状況を見に行きました

IMG_3162.JPG

きょうの東京は穏やかな晴天で自転車を走らせて感じる風はとても爽快です。川面に映る太陽の光がキラキラと輝き、川の青と空の青、どちらもまた綺麗です。

IMG_3161.JPG

東京と千葉の境を流れる江戸川の河川敷では春休みの学生たちが野球の試合をしていました。元気な大きな声が響いていました。胸にある学校名から中学生のようでした。陸橋の上から撮影したのですが投手が投げるボールの速いことに驚きました。週末に社会人の野球で見慣れているせいか桁違いに速かったです。


きょうは市川市の里見公園にやってきた。この公園は花が綺麗な公園です。公園の中央には黄色と紫のパンジーの花壇があり奥にはドラマの撮影場所として使用されたこともあるバラ園があります。そしてパンジーの花壇の周りには青い芝生が広がっている。きょうのように天気が良い日は芝生に座って食べるお弁当が最高なんです。

IMG_3170.JPG

公園内の染井吉野はまだ花をつけていませんでしたが、河津桜が綺麗に咲いていました。花は染井吉野より大きく可愛らしい花でした。

IMG_3171.JPG

IMG_3172.JPG

里見公園はぐるりと一周できるような散歩道があります。舗装された道もあれば土の上を歩く道もあります。高く大きな木々があるので天気のよい昼間でも木々が作る影で暗く感じるところもあるほどです。とても太く大きな木に出会うことができます。子供達が土の上で木々に囲まれながらのびのびと元気に遊んでいる姿が印象的でした。

IMG_3195.JPG

IMG_3192.JPG

IMG_3180.JPG

木の根がうねる迫力の光景でした。こどもの頃にみたことを思い出しますが最近はほとんど目にすることのない光景で木が生きていることをなんだか感じました。

IMG_3167.JPG

IMG_3164.JPG

里見公園の外にある”羅漢の井”から湧き水がでています。飲み水には適していないようですが、江戸時代に浮世絵師 長谷川雪旦、雪堤、父子が描い「江戸名所図会」に羅漢の井が15図のうちのひとつとして描かれています。現在の地形とほとんど変わらないことがわかります。

IMG_3166.JPG

IMG_3183.JPG

嵐の前の静けさとでもいうのでしょうか里見公園内のお花見ひろばひっそりと静か。来週にはたくさんのひとで賑わっていることでしょう。昨年は人がたくさんで座ることができずに桜を眺めて帰ってきた思い出がよみがえります。

里見公園ホームページ
http://www.city.ichikawa.lg.jp/gre04/1111000001.html

posted by CYL at 00:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする