2015年03月23日

シンガポール建国の父リー・クアンユー氏死去

シンガポール建国の父
リー・クアンユー氏死去




シンガポールの初代首相で建国の父と言われるリー・クアンユー氏が3月23日シンガポール市内の病院で亡くなりました。91歳でした。


シンガポールは、イギリスの植民地支配、その後の日本による植民地支配を経験しています。

いまではすっかり先進国のイメージが定着したシンガポールですが、かつては隣国マレーシアのひとつの州でした。

独立は自ら望んだタイミングではなく、マレーシアから事実上の追放により否応無く1965年8月に独立を宣言したのです。そのときの首相がリー・クアンユー氏でした。

シンガポールの住民の生活の安定を第一に考えてマレーシアへの編入を進めたリー氏だったのですが、マレーシア側から”華僑勢力が強まり連邦の結成を乱す”として追放をされてしまったのです。

独立宣言をしたときの記者会見でリー首相は涙を流し、シンガポールは存亡の危機に瀕した苦しい状況だったと思いますが、その後、インフラ整備で外資を誘致し経済発展を遂げたのはリー氏なしでは実現しなかったことではなかったでしょうか。

現在はリー氏の長男リー・シェンロンさんが首相をつとめるシンガポールには一部で「リー王朝」との批判がありますが、リー氏の功績は「建国の父」と呼ばれるにふさわしい偉業でした。ご冥福をお祈り申し上げます。







スポンサードリンク



posted by CYL at 10:33 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。