2015年03月22日

TBS「がっちりマンデー」×ららぽーと 3つの儲かる秘訣

TBS「がっちりマンデー」×ららぽーと
3つの儲かる秘訣



ゲストは全国に8店舗を展開し右肩上がりの成長をする”ららぽーと”を手がける三井不動産商業マネジメント椛纒\取締役社長 安藤正さんでした。

千葉県船橋市にあるららぽーとTOKYO-BAYは、年間来場者数
2600万人。その数は、ディズニーランドの来場者数を上回ります。

3つの儲かる秘訣

<”通路”に秘訣あり>

@建物の通路を一周できるようになっている。
A通路は直線ではなくカーブを描いている。

理由
一周でできるようになっているのは利用者が無駄に歩くことがないようにするため。商店街のような一直線の作りだと行きはよいが帰りは一度みた店舗の前を引き返すことになってしまう。それを避ける効果がある。

通路がゆるくカーブを描いているのは、目線の先に並ぶ店舗が直線の通路よりも目に入りやすいため。そして、単調さをなくしお客さんを飽きさせない効果もある。

<”店の配置”に秘訣あり>
@入り口から遠い建物の端に人気店を配置する。
Aライバル店が隣接する

理由
@人気店に行くまでに小さなお店にも目が向けられる効果があり、結果的にららぽーと全体で売り上げが上がる。

Aライバル店が隣接していることでお客さんは商品を比較検討できるので集客力が高まる。

<”駐車場”に秘訣あり>
@新出店の立地の際は大きな道路に注目
A車が渋滞をしないようにモニター監視を行って車を駐車場へ誘導する。

理由
車をスムーズに駐車ができることで、気持ちよく安心して長い時間買い物することができる。

おまけ
<開店前に活躍する知られざる職人>
ららぽーとTOKYO-BAYのシンボル的存在の椰子の木の世話をする築山緑化建設鰍フ根本英則さん。椰子の木に溜まる埃の掃除を担当されています。室内にある椰子の木は埃が溜まります。そして雨が降らないので水やりも必要です。椰子の木は葉から水分を取るので、水やりと掃除をかねてなんと一枚一枚丁寧に拭き掃除をいるのです。まさに縁の下の力持ち。今度訪れた際はご注目を。

”ららぽーと”(関東地区)のイベント紹介↓
http://colaryourlife.seesaa.net/article/416053755.html?1426997025


posted by CYL at 10:39 | Comment(0) | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: