2015年03月16日

バヌアツ共和国に大型サイクロン直撃

バヌアツ共和国に大型サイクロン直撃 


13日から14日にかけて太平洋に浮かぶバヌアツ共和国に大型サイクロンが直撃し家屋倒壊などで瓦礫が散乱している。

バヌアツはオーストラリアの東側にある火山でできた島上にある小国。近隣のオーストラリアやニュージーランドから軍用機のよって救援物資が届けられている。

バヌアツ政府によると死者8名、負傷者20人と発表されているが、被災状況を伝える報道写真をみるかぎりではその数はさらに増えることが容易に予想できます。

現地を目の当たりにした赤十字の関係者によると樹木が根こそぎ倒れていたといいますので、巨大サイクロンの威力がわかります。

バヌアツの首都ポートビラでは8メートルの高波が押し寄せ、家屋の大半が被害を受け、停電や断水が続いている。離島との連絡も遮断された状態だ。

ニュージーランドのユニセフによれば、今回のサイクロンは予想を遥かに上まる勢力で、バヌアツにとっては自然災害がもたらす最大の被害となるとスタッフのAlice Clementsさんが発表している。

26万人が今回のサイクロンの影響を受けたとしています。人口の80%が農業を生業としているので農場や庭が破壊されたことで食料不足を引き起こし、栄養失調のリスクが高くなるとしています。

ユニセフ ニュージーランドHPに被災地の状況(英語)と写真の掲載があります。寄付もできます。
https://www.unicef.org.nz/vanuatu

日本ユニセフ協会 自然災害緊急募金↓
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/disaster/2010.htm







スポンサードリンク



posted by CYL at 10:21 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。