2015年03月15日

俳優の鶴見辰吾さん「横浜マラソン2015」驚異的なタイムでフィニッシュ

俳優の鶴見辰吾さん
横浜マラソンを驚異的なタイムでフィニッシュ



今年からフルマラソンの大会となった「横浜マラソン2015」。俳優の鶴見辰吾さん(50)が初マラソンにして3時間12分58秒の好タイムでフィニッシュしました。

ランナーの中で3時間台で走るランナーをサブ4(4時間以下)というのですがなかなかお目にかかれない稀な存在です。

しかも50歳という年齢とギリギリ4時間を切ったというレベルではなく、かぎりなく3時間に近いタイム、さらに初マラソンというからとてつもなく凄いことです。

レース後に「練習は正直ですね。」のコメントを残していますが、昨年の10月から月200キロを走り込んだといいます。

鶴見辰吾さんは自転車のロードバイクをやっていることでも有名です。鍛えられた心肺機能と脚力の基礎ができていたからこその今回の記録でしょう。

水泳を入れて「今度はトライアスロンをやってみようかな。」と本気とも冗談ともとれる発言。

鶴見さんが言われるように現在では”50歳はまだまだ若造”かもしれませんね。


<ゲストランナーが大会を盛り上げました>

大会のゲストランナーとしてお笑いタレントで地球一周「アースマラソン」を完走した間寛平さん、王様のブランチ司会で俳優の谷原章介さんが10キロの部で、好タイムを出した俳優の鶴見辰吾さん、日本ではお馴染みの五輪メダリストのエリック・ワイナイナさんがフルマラソンの部に出場して、第1回大会を盛り上げました。


関連記事
第1回「横浜マラソン」フルマラソンの大会として新たな幕開け





スポンサードリンク



posted by CYL at 17:34 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。