2015年03月08日

芥川賞作家の中村文則さんがフジテレビ「ボクらの時代」に出演

高価買取情報(本)
ネットで、今すぐ古本査定したい人はこちら
人気グルメ雑誌、おとなの週末の最新刊をチェック!



芥川賞作家の中村文則さんが
フジテレビ「ボクらの時代」に出演


フジテレビ「ボクらの時代」は、毎週日曜日午前7時からの30分番組です。時代を彩る超一流の3人が、MCなしで気ままにトークする番組です。

3月8日は、芥川賞作家の中村文則さん、直木賞作家の西加奈子さん、お笑い芸人ピースの又吉直樹さんのお三方でした。


<芥川賞作家 中村文則さん>

番組の中で中村さんの夢についてピースの又吉さんが飲んだ席で、中村さんが世界の人に読まれる小説を書きたいと言っていたことを公にしました。

その夢の第一歩として、2010年に発表した『掏摸(スリ)』が、2012年に英訳版『THE THIEF』としてアメリカのアマゾンの2012年3月のベスト10にランクされました。

さらに、米国有名紙「ウォールストリートジャーナル」で2012年の小説ベスト10に選出されました。

中村文則さんの本が刊行されている(予定を含む)国は、すでに10カ国以上になっています。

台湾、韓国、中国、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、トルコ、タイ、イタリア、スイスなどです。

すでに夢が現実のものになっているのは、37歳にしてすごい。

<掏摸(スリ)のストーリー>
東京を仕事場にする天才スリ師に闇社会に生きる木崎という男から仕事の依頼を受ける。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す」

<最新作『教団X」ストーリー>

自分の元から去った女性が、オカルト教団の中に消えてしまいました。悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合います。そんな中、暴走をはじめる教団。神とは何か、運命とは何かを問いかける著者最長の作品です。


<経歴>
1977年9月2日 愛知県東海市生まれ。
2000年 福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。
2002年『銃』で第34回新潮新人賞を受賞してデビュー。
2005年『土の中の子供』で第133回芥川賞受賞
2010年『掏摸(スリ)」で第4回大江健三郎賞受賞
2012年『掏摸(スリ)』の英訳版『THE THIEF』がアメリカアマゾンで2012年3月のベスト10小説、アメリカの新聞「ウォールストリートジャーナル」で2012年のベスト10小説に選ばれる。




posted by CYL at 10:52 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: