2015年03月05日

あさイチで紹介された運気が上がるスポット「成田山新勝寺」

あさイチで紹介された成田山新勝寺
運気が上がるスポット


成田空港を利用する外国人の間で口コミでその魅力が話題になっています。また運気をあげるスポットとして、とくに女性の間で注目が高まっています。

成田山新勝寺は、節分に横綱をはじめ多くの著名人が豆まきをすることでよくメディアに登場します。しかし、あまり成田山新勝寺に観光スポットというイメージをお持ちの方はそれほどいらっしゃらないと思います。

日本人観光客はもちろん外国人観光客が多く、参道は多くのお店が建ち並んでいます。そして成田山新勝寺の境内がとても広く成田山公園が中にあり家族連れやカップルにもお薦めのスポットになっています。


<<運気上昇 スポット1>>
新勝寺の参道にあるうなぎ料理店

江戸時代に”成田山詣で”の際に精がつくということで好まれたために、いまでも参道には60もの「うなぎ料理店」が建ち並びます。

うなぎをさばく様子や焼き上げる作業が店頭で見学できるようになっているお店もあります。職人さんの鮮やかな手さばきと黙々と作業をされるその姿勢は見応えがあり、ついつい長く足を止めてしまうほどです。

”うなぎのぼり”ということで運気をあげるためのゲン担ぎとして、うなぎを召し上がる方も多いそうです。


<<運気上昇スポット2>>
成田山新勝寺

大本堂にはご本尊の不動明王が祀られています。人々のすべての願いを叶えてくれるといわれ参詣客は年間1000万人を超えます。

成田山新勝寺が有名になったきっかけ
歌舞伎役者の初代 市川團十郎(1660-1704)は跡継ぎに恵まれず、新勝寺で祈願すると長男を授かりました。その感謝をこめた行った演目が大ヒットし、成田山詣でが流行となりました。

<新勝寺運気上昇スポット@ー大本堂の御火加持(おひかじ)>
お護摩祈祷は、人々の願いを炎を清めて成就を願います。寺が開かれて1000年以上にわたり毎日欠かさず行われてきたといいます。

御火加持(おひかじ)はお護摩の炎に鞄や財布などを当てることで、不動明王の御利益をいただき、常に身につけておくことができるといわれています。参詣客はお坊さんにバックや財布をわたすとお護摩の炎にかざして戻してくれます。

<新勝寺運気上昇スポットAー亀の岩>
大本堂へ向かう路の右手にある池にあります。池にある亀のような形をした岩、通称亀の岩にお賽銭をなげてみごとの岩に乗ると願いが叶うと信じられています。

<新勝寺運気上昇スポットBー光明堂>
恋愛成就、縁結びは、大本堂の奥にある光明堂にあります。


大本山成田山新勝寺
所在地:〒286-0023 千葉県成田市成田1番地
電話 0476-22-2111(代表)/ FAX 0476-24-2210
「京成電鉄 京成成田駅」または「JR線 成田駅」より 徒歩10分

[ここに地図が表示されます]






スポンサードリンク



posted by CYL at 16:14 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。