2015年02月18日

横山秀夫作品「64(ロクヨン)」が佐藤浩市主演で映画化

映画化とドラマ化される「64(ロクヨン)」


『64(ロクヨン)』は横山秀夫の傑作ミステリーです。今回、佐藤浩市主演で前編・後編の2部作として映画化されることが決まりました。映画の公開は2016年に予定されています。

また、4月からはNHKでドラマ化されることも決まっています。こちらは、ピエール瀧主演です。

『64(ロクヨン)』は、主人公の三上義信が、昭和64年に起こった未解決の少女誘拐事件”ロクヨン”に挑む姿を描いたミステリーです。三上は警務部広報室の広報官で、元刑事の経歴をもっていて、単なる刑事ではないところが興味深い設定となっています。

横山秀夫作品はこれまで『半落ち』『出口のない海』『クライマーズ・ハイ』『臨場劇場版』が映画化され、どの作品も人気を博しているので今回も期待できそうで、いまから楽しみです。

映画に主演の佐藤浩市氏は、オファーを受ける前から作品に惚れ込んで出演を熱望していたといいます。そんな佐藤浩市氏の演技にも注目ですね。






posted by CYL at 14:53 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。