2015年02月18日

次のサッカー日本代表監督候補に元デンマーク代表ラウドルップ氏

次のサッカー日本代表監督候補に
元デンマーク代表ラウドルップ


スペイン当局から八百長疑惑で告発されたことで解任をされたアギーレ監督の後任監督の人選は最終局面をむかえている。

ヨーロッパに居住する候補者の調査を済ませて、日本サッカー協会の技術委員長の霜田氏が帰国前の最終目的地のカタールのドーハに向かいました。

ドーハに滞在して、接触は計るのは元デンマーク代表として活躍したミハエル・ラウドルップ氏です。ラウドルップ氏は現在、カタール1部リーグのレフウィヤの監督をつとめています。

ラウドルップ氏は、現役時代は攻撃的MFとして、イタリアのユヴェントスやラツィオ、スペインのバルセロナ、レアルマドリードなどのいずれも名門クラブで活躍をしました。その後は、日本のヴィッセル神戸やオランダのアヤックスに在籍して引退をしています。

指導者としては、デンマーク代表のアシスタントコーチ、デンマーク、スペイン、イングランドでの監督経験(いずれも国内リーグの監督)があります。

監督はいずれにしてもヨーロッパからの人選になりそうです。個を尊重する南米に比べ、ヨーロッパは組織を重視するサッカースタイルであるため、日本が目指すスタイルに近いとされているからです。また、本田圭佑、長友佑都をはじめ海外で活躍するプレーヤーがヨーロッパで活躍していることも関係していることでしょう。

順調に人選が進めば、新監督が初采配を振るうのは、3月27日のチュニジア戦になりそうです。6月に開幕するロシアW杯アジア2次予選にむけて後任人事をすっきりと済ませて、まずはW杯の切符を掴むことに集中できる環境を整えたいところです。

がんばれ日本代表!!





posted by CYL at 12:00 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: