2015年02月11日

認知機能改善に効く本山式筋トレとは?

本山式筋トレは、前頭葉などを活性化に役立つボディービルダーの本山輝幸さんが考案したトレーング方法で、認知症改善の効果があるとされて注目を集めている。


特に器具を使うわけではなく、自分で負荷をかけるので、比較的手軽にそして安全に取り組めるとされており、街のクリニックなどでも採用をされている。


筋肉の動きを意識しながら体を動かすことで、感覚神経と脳をつなげることができるようになるのが本山式筋トレの効果だ。本山輝幸さんは「筋力トレーニングが高齢者の認知機能に与える影響」という論文も発表している。


体育会系という言葉からくるイメージとは裏腹に、体を動かすということは、脳を鍛えることにもつながっているのかもしれません。体を動かすには脳からの電気信号が送られてはじめて体が動くのですから。


そして、水が流れない川はやがて枯れ果ててしまうように、常に水を流すような働きとして体を動かして感覚神経と脳を常に使うという刺激が人間には必要なのかもしれません。いくつになってもゆっくりと人生を送ることができないのが、人間なのかもしれません。



posted by CYL at 12:00 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: