2017年04月16日

がっちりマンデー|儲かる業務用電気

7cd1f87990cdbc94229f7e0a6aeacd0b_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる業務用電気



家庭用電気、略して”家電”はお馴染みの言葉ですが、今回は業務用電気、略して”業電”の儲かりの秘密に迫ります!

トピック
コンビニで目にする業電とは?
群馬県から現れた世界初の業電とは?
石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?



コンビニで目にする業電とは?
神奈川県横浜市にあるエイシン電機株式会社の儲かり業電は、コンビニで見かけるコロッケやチキンなどを保存しておく「ホットショーケース」です。エイシン電機は、1976年の創業以来、ホットショーケースの製造販売を行っています。そのシェアは3割と業界で確固たる地位を築いてきました。年間の販売台数は3000台とがっちり儲かっているようです。

ホットショーケースの仕組みを見てみるとホットショーケースの底面付近にフィンヒーターというヒレのような形のものが連なった棒状のヒーターが回転することで、熱がケース内に乱反射して全体を均一に温めます。さらに中の商品を美味しくキープするために加湿器も装備されています。

また商品を美味しそうに見せるために秘密があります。それは照明です。キセノンボーランプという自動車のヘッドランプに使われているランプを使用しています。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s.jpg


群馬県から現れた世界初の業電とは?
群馬県高崎にあるマーズカンパニー(MARS Company)の儲かり業電は、業務用ドリンク冷蔵庫です。マイナス7.9度に冷やされた庫内から取り出されたペットボトルの水をコップにあけると水はマイナスの温度で保存されていたにも関わらず凍っていません。ところがコップの中に凍ったイチゴを入れてみると、あら不思議、今まで液体だった水が一瞬にして凍ってしまいました。なぜなのでしょうか?それは、水は0度以下でも凍るきっかけがないと凍らないという性質があります。つまり、通常の冷蔵庫では、庫内の振動、湿度ムラ、風がきっかけとなり凍ってしまうのです。逆に、それらの水が凍るきっかけを取り除いて、凍らないようにした冷蔵庫がマーズカンパニーが2014年に開発した”世界初”氷点下でも凍らない冷蔵庫「トーキョースノーマン(Tokyo Snowman)」なのです。ちなみに販売価格の定価は398,000円です。

さらにマーズカンパニーの儲かりの業電がもう一つあります。それが業務用冷蔵庫「蔵番」です。蔵番の最大の特徴は、庫内に電気を流すことで氷点下でも食材が凍ることがないということです。つまり、凍らないので解凍する必要がなく、0度以下保存で微生物の働きを抑え、食材が傷むことがないため今流行りの熟成肉を簡単に作ることができます。

62e05de6f74538f065fb3fcac7a786e9_s.jpg

石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?
石川県白山市にある稲本製作所の儲かり業電は、超巨大洗濯機です。その大きさは高さ2.7m、長さ10mと超巨大です。当然ただ大きいだけはありません。200枚以上のバスタオルを30分で洗い終えることができるという高性能です。洗濯機、脱水機、乾燥機付きでお値段は1億円を超えますがそれでも販売は好調のようです。その背景にあるのが、海外からの観光客の増加によるホテルの増加です。ホテルの増加に伴ってホテルで使用されるタオル、シーツ、枕カバーなどの洗い物が増え、洗濯専門業者からの需要が増えているのです。


posted by CYL at 10:44 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする