2017年04月30日

がっちりマンデー|連続増収なのに知らない会社

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s.jpg


がっちりマンデー|
連続増収なのに知らない会社


ライバル会社との競争や流行の変化、景気の波を乗り越えて連続増収(会社の売り上げが毎年増え続けること)を続けている会社があります。ロート製薬やサイゼリアなど有名な会社の一方で、世間一般にはあまり知られていない会社があります。そんなまだ無名だけれど何年も連続増収の会社の儲かりの秘密に迫ります!

本日のトピックス
30年連続増収の驚異的スーパー
奥様方のハートをがっちり18年連続増収
夕食時はガラガラだけど18年連続増収


ゲストの経済評論家の森永卓郎氏は連続増収の会社には2つのタイプがあると指摘します。一つは、ビジネスの軸がブレない会社、もう一つは世の中に合わせて変える会社だと言います。


大黒天物産株式会社
30年連続増収の驚異のスーパー

岡山県倉敷市にある大黒天物産株式会社は、東証一部上場のデスカウントスーパーを展開している会社です。ディオやラ・ムーなどの24時間営業のスーパーを中国、四国地方を中心に111店舗を展開しています。

大黒天物産は、創業以来30年連続で増収増益を続けています。創業時3億円だった売り上げは、16年目で100億円を超え、27年目で1000億円、30年目に1452億円にまで売り上げを毎年伸ばしてきました。

商品を絞り込む!
店内を覗いて見ると大黒天の自社開発商品のコーヒーは25円、オリジナル弁当は198円、さらにスーパーの外ある店舗で販売されているたこ焼きが100円とどれも超破格のお値段で販売されています。激安価格の裏にあるのは、商品数の絞り込み戦略です。

商品数を絞り込むことで大量仕入れで仕入れ価格を低く抑えているのです。例えば、インスタント麺のサッポロ一番は、塩味と味噌味のみの販売で醤油味は店頭にありません。売れている個数や在庫日数、値段などデータを分析して売り上げが低い商品を「売らない」ことで商品を絞り込んでいます。

コスト意識の徹底
また、自社商品開発においても価格へのこだわりは徹底しています。例えば、自社商品開発されたヨーグルトには、蓋がついていません。蓋の製造コスト5円を削減することでその分安く提供することが可能となり、500gのヨーグルトを98円で提供されています。


81d2e426c51689a3d6893b4208f8a07e_s.jpg


株式会社タイセイ
奥様方のハートをがっちり

大分県津久見市にある株式会社タイセイは、お菓子屋さんが使用する包装資材や製菓材料を扱っている会社です。創業時1400万円だった売り上げは、11年目で20億円、18年目には48億5000万円へと飛躍を続けてきました。

豊富な品揃え/小分け販売スタイル
儲かりの秘密の一つが、豊富な品揃えです。ケーキについている透明のフィルムやマフィン用のカップと言った一般的な商品から、メロンパンの網目模様をつけるための小道具のようなマニアックな商品まで、その商品点数は約3万点を誇ります。また、もう一つの儲かりの秘密が、小分け販売です。一般的に包装資材や製菓材料は、大量ケースや大袋での販売されていますが、タイセイは、単価11円のプリンの瓶のフタでさえ、1つから販売をしています。

一般的に街のケーキ屋さんは新商品を次々と少しずつ販売していくスタイルをとっていることが多く、小分け販売をしているタイセイであれば、無駄なく様々なケースや容器を試せるということで多くの支持を得ているのです。

売り上げの6割は個人
18年連続増収を続けて来たタイセイですが、連続記録が途絶える危機がありました。それは2010年のコンビニスウィーツブームです。ブームの影で小さなお菓子屋さんが次々と閉店して行ったのです。その影響を受けたタイセイは、新たな顧客開拓に乗り出したのです。

そこでターゲットに狙いを定めたのは、趣味でお菓子作りをしている奥様たちです。通販サイト「コッタ」を立ち上げ、奥様たちが気軽に商品を購入できるようにしました。今では売り上げの6割以上が個人で、通販サイトの登録会員数はなんと45万人に達しているのです。


fcf3d0f6f56217fa3eda10c0a384458b_s.jpg


株式会社ハブ
2次会、3次会はお任せあれ

東京都千代田区にある株式会社ハブは、英国風をコンセプトとしたHUBをチェーン展開している会社です。創業時7億3000万円だった売り上げは、18年連続増収を続け95億円と大台も間近に迫る勢いです。

そんなHUBの儲かりの秘密は、飲食店が混雑する夜7時から9時の夕食時に勝負をしないということです。つまり、HUBの勝負時は、夕方と夜9時以降の2次会や3次会となります。

2次会や3次会となるとお酒を飲める量に個人差が生まれます。HUBではキャッシュオンデリバリーシステム(前払い制)を採用しているので、気軽に飲めて不公平な割り勘にはならないこともHUBが支持を得ている理由の一つです。

また、ドリンクメニュー8に対してフードメニュー2の割合となっているのも、HUBの特徴であり儲かりの秘密の一つです。フードメニューの品数をグッと抑えて、さらに他店と競争の激しいフードメニューで勝負をしないという方針で、商品はアルバイトの人でも調理可能な商品とし、コックさんを雇う必要がないようにすることで、人件費を抑え、その分安く商品を提供しています。

さらに、英国風パブ一本という経営理念に掲げブレないスタイルでお客さんの支持を集め、18年連続増収を続けてきました。



posted by CYL at 09:37 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月23日

がっちりマンデー|お泊まりウォーズ

57010c30c3208ddb17328b7c8fd7e3c4_s.jpg


がっちりマンデー|お泊まりウォーズ



外国人観光客の増加によりホテルなどの需要が高まっています。宿泊産業の市場規模はおよそ3兆円と言われています。そんな今、ホットな宿泊産業の中でもキラリと光る独自のお泊まりビジネスでがっちり儲かっている会社の秘密に迫ります!

トピック
箱根豪華リゾートでも一人5000円?!
何もなさそうな立地でも大人気の宿とは
豪華なカプセルホテルとは?

四季リゾーツ|フォレスト箱根
箱根と言えば言わずと知れた高級リゾート地です。そんな箱根にある四季リゾーツのフォレスト箱根は、一泊素泊まりで5000円で宿泊することができます。周辺の宿の相場が2万円から5万円であることを考えるとその値段の安さは際立っています。しかも、その値段全シーズンを通して5,000円均一というから驚きです。

安さの秘密:企業保養所
四季リゾーツの安さの秘密は、企業の保養所であるということです。バブル時代に大企業は社員の福利厚生として豪華な保養所をたくさん作りました。しかし、空き部屋が多く赤字が続き、会社のお荷物となっている事例が多く存在していました。そこで四季リゾーツは、空いている部屋を一般の人が安く使えるようにすることを考えたのです。

四季リゾーツの仕組み
四季リゾーツは企業の保養所の維持費を負担します。一般のお客さんに空き部屋を提供する一方で、半分は企業保養所の機能を残しながら、半分の部屋はオーナー企業の社員の予約を優先して受けつけます。つまり、一般のお客さんは安く泊まれる一方で、オーナー企業は保養所機能を残したまま赤字を減らすことができるというワケです。四季リゾーツの宿は全国に21施設、その売り上げは年間10億円とがっちり儲かっているようです。


c88f359ebe51158e5113b73dcd1ecfe9_s.jpg


株式会社旅籠屋
旅籠屋はアメリカ映画で頻繁に登場するモーテル方式の宿を北は秋田県から南は鹿児島まで全国58店舗を展開しています。その年間売り上げは17億円と右肩上がりの成長を続けています。

サービスをしないのがサービス
旅籠屋の儲かりの秘密は、そのサービスの提供方法にあります。豪華な食事や温泉、娯楽施設などのサービスを提供しない代わりに値段を安く提供しています。料金は一部屋単位での設定となっており、例えば平日1名で宿泊の場合は5,000円ですが、4名で宿泊した場合は10,000円で宿泊することができます。つまり、家族などの大人数で宿泊をするとお得な料金体系となっています。

さらに料金は前払い方式なので、チェックインを済ませれば何泊してもフロントを通る必要はありません。チェックアウトの際も鍵を指定のポストに入れるだけなので、チェックアウト時にフロントに並ぶ必要もありません。

立地に秘密アリ
旅籠屋の儲かりのもう一つの秘密がその立地です。周りは観光地でも繁華街でもなく、一見周りには何もないような場所にありますが、実は車を走らせほど近い場所に高速のインターチェンジがあります。つまり、旅籠屋は車で旅行する人をターゲットにしているのです。そのため、旅籠屋の立地は、近くにインターチェンジがあるロードサイトとなっています。

cb6a278898644db2dd9ff1b77bd30be9_s.jpg


ファーストキャビン
都市部の駅前に12店舗を展開するファーストキャビンは、豪華なカプセルホテルです。カプセルホテルと聞いてイメージする窮屈で狭い部屋(カプセル)ではなく、一見するとまるでビジネスホテルのようで、ベッドとテレビが備わっています。

ファーストキャビンの儲かりの秘密は、カプセルホテル(簡易宿泊所)であることです。旅館業法では、ホテルには各部屋に窓が必要で広さも9平米以上という決まりがあります。ところがカプセルホテルは、旅館業法上では簡易宿泊所となるので部屋に窓も広さも関係ありません。

また、オフィスビルを改装して作っているので、その建築費用を安く抑えることが可能となっています。日本橋よこやま町店の場合、通常のホテルにした場合、そのコストは5億円以上ですが、ファーストキャビンの場合は3.5億円、さらに通常のホテル場合は工期が2年以上かかりますが、ファーストキャビンの場合は7ヶ月で完成しました。



関連記事
カンブリア宮殿|ベネフィット・ワン社長_白石徳生
WBS|旅行界の巨人「エクスペディア」の新戦略
ガイアの夜明け|民泊支援ビジネス続々登場!
WBS|アートとコラボの新ホテル「BnAホテル高円寺」
ガイアの夜明け|新ロボット革命、始まる〜変なホテル&ペッパー
posted by CYL at 10:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月16日

がっちりマンデー|儲かる業務用電気

7cd1f87990cdbc94229f7e0a6aeacd0b_s.jpg


がっちりマンデー|儲かる業務用電気



家庭用電気、略して”家電”はお馴染みの言葉ですが、今回は業務用電気、略して”業電”の儲かりの秘密に迫ります!

トピック
コンビニで目にする業電とは?
群馬県から現れた世界初の業電とは?
石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?



コンビニで目にする業電とは?
神奈川県横浜市にあるエイシン電機株式会社の儲かり業電は、コンビニで見かけるコロッケやチキンなどを保存しておく「ホットショーケース」です。エイシン電機は、1976年の創業以来、ホットショーケースの製造販売を行っています。そのシェアは3割と業界で確固たる地位を築いてきました。年間の販売台数は3000台とがっちり儲かっているようです。

ホットショーケースの仕組みを見てみるとホットショーケースの底面付近にフィンヒーターというヒレのような形のものが連なった棒状のヒーターが回転することで、熱がケース内に乱反射して全体を均一に温めます。さらに中の商品を美味しくキープするために加湿器も装備されています。

また商品を美味しそうに見せるために秘密があります。それは照明です。キセノンボーランプという自動車のヘッドランプに使われているランプを使用しています。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s.jpg


群馬県から現れた世界初の業電とは?
群馬県高崎にあるマーズカンパニー(MARS Company)の儲かり業電は、業務用ドリンク冷蔵庫です。マイナス7.9度に冷やされた庫内から取り出されたペットボトルの水をコップにあけると水はマイナスの温度で保存されていたにも関わらず凍っていません。ところがコップの中に凍ったイチゴを入れてみると、あら不思議、今まで液体だった水が一瞬にして凍ってしまいました。なぜなのでしょうか?それは、水は0度以下でも凍るきっかけがないと凍らないという性質があります。つまり、通常の冷蔵庫では、庫内の振動、湿度ムラ、風がきっかけとなり凍ってしまうのです。逆に、それらの水が凍るきっかけを取り除いて、凍らないようにした冷蔵庫がマーズカンパニーが2014年に開発した”世界初”氷点下でも凍らない冷蔵庫「トーキョースノーマン(Tokyo Snowman)」なのです。ちなみに販売価格の定価は398,000円です。

さらにマーズカンパニーの儲かりの業電がもう一つあります。それが業務用冷蔵庫「蔵番」です。蔵番の最大の特徴は、庫内に電気を流すことで氷点下でも食材が凍ることがないということです。つまり、凍らないので解凍する必要がなく、0度以下保存で微生物の働きを抑え、食材が傷むことがないため今流行りの熟成肉を簡単に作ることができます。

62e05de6f74538f065fb3fcac7a786e9_s.jpg

石川県で密かに作られていた超巨大業電とは?
石川県白山市にある稲本製作所の儲かり業電は、超巨大洗濯機です。その大きさは高さ2.7m、長さ10mと超巨大です。当然ただ大きいだけはありません。200枚以上のバスタオルを30分で洗い終えることができるという高性能です。洗濯機、脱水機、乾燥機付きでお値段は1億円を超えますがそれでも販売は好調のようです。その背景にあるのが、海外からの観光客の増加によるホテルの増加です。ホテルの増加に伴ってホテルで使用されるタオル、シーツ、枕カバーなどの洗い物が増え、洗濯専門業者からの需要が増えているのです。


posted by CYL at 10:44 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月02日

がっちりマンデー|ザ・商社の三井物産株式会社

b047cd7c31cb7b7b1cd44b36c3b34c70_s.jpg


がっちりマンデー|
ザ・商社年間収益5兆円!三井物産株式会社
日本と海外を繋ぐ商社の仕事


年間収益5兆円、日本が世界に誇る商社である三井物産株式会社の儲かりの秘密に迫ります。キーワードは「資源」です。

まずは商社とは、一体どんな仕事をしている会社でしょうか?一言で商社の仕事を表現すると”日本と海外をつなぐ仕事”ということができます。儲かりの秘密に迫りながら商社の仕事を見ていきましょう。

オーストラリアで鉄鉱石ビジネス
金属資源本部に所属する前田壮象さん(34)がオーストラリアの西海岸にあるパースで行っている仕事は、鉄鉱石の輸出です。鉄鉱石は鉄を作るために欠かせない”資源”です。オーストラリアは鉄鉱石の輸出量世界一で、オーストラリアでの三井物産の鉄鉱石ビジネスは、海外企業53%、三井物産33%、新日鐡住金14%の出資
比率のビジネスです。

前田さんの仕事に同行し向かったのは、年間3500万トンの鉄鉱石が採掘されるウエスト・アンジェラス鉄鉱山です。鉄鉱石は、小さなものだと製鉄所の溶鉱炉で使用する際に目詰まりを起こしてしまうので、塊の鉄鉱石の方が高価な価格で取引されると言います。


d37ab2ec8de0d97849ee8fad45927831_s.jpg


ロシアで天然ガスビジネス
エネルギー第二本部の山崎大輔さんがロシアのサハリンで行っている仕事は、天然ガスを日本へ輸出する仕事です。液化天然ガス(LNG)は、火力発電所などで使用される”資源”で、私たちの生活に欠かすことのできない電気を生み出す源です。

6ヶ月前にロシアに赴任した山崎さんの出向先企業が、サハリンエネジー社です。サハリンエナジー社は、ガスプロム50%、シェル27.5%、三井物産12.5%、三菱商事10%、出資の会社です。

ロシアは天然ガスの埋蔵量世界第2位です。山崎さんが仕事をするロシアのサハリンは北海道の北にある南北に細長い島で、日本と近いために天然ガスを輸送するための輸送費を抑えることができるという利点があります。

三井物産では、島の北東部で天然ガスを採取し、地下に埋めらたパイプラインで島の南部へ輸送します。輸送された天然ガスは、液化プラントでマイナス160度で冷却され液体天然ガスに変えられ日本へ輸送されます。

オーストラリアとロシアの仕事から商社は日本と海外をつなぐ仕事をしていることがわかります。三井物産は”資源”ビジネスでがっちり!!



posted by CYL at 10:31 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする