2017年03月26日

がっちりマンデー オリエンタルランド

145819822873180cd3ef94d9e9c80932_s.jpg


がっちりマンデー
オリエンタルランドの
がっちりの秘密に迫る



来場者の7割は関東から
東京ディズニーランドの年間入場者数は1983年の開園以来、右肩上がりを続け、2015年度は3019万人と開園当時に比べると約3倍の入場者数となっていますが、入場者数が増え続けているおおきな理由はご近所さんにあります。

来場者の地域別来園者比率を見てみると関東からやってくるひとが全体の67パーセントを占めています。しかもリピーターが多いのです。つまり、何度来てもリピーターを飽きさせないような仕組みがあります。季節ごとのイベントやジャングルクルーズではどの船長の船に乗るかで案内が変わってきます。

さらに来年者の滞在時間は、アトラクションなどを増やすことで、開園当初6時間でしたがいまでは平均滞在時間は9時間となっています。


ヒットを生み出す新商品開発会議
オリエンタルランドでは年間販売アイテム数2000点を販売していますが、その一方で年間5000点以上の新商品開発を行っているのです。その効果は、開園当初、一人当たりの平均グッズ売上は2700円でしたが、2015年度は3964円と約1.5倍に伸びていることからもわかります。

また、グッズが売れる大きなきっかけとなるのが、他のお客さんが身につけているグッズを見ることだといいます。SNSなどでアップされることによって、いかに多くの人の目に触れるようにすることもひとつのポイントとなっているようです。

eff60dc6e7f134a8ca32fec47d974c16_s.jpg


待ち時間を短くする工夫
例えば、人気アトラクションのセンターオブジアースでは、2名のお客と3名以上のお客を違う列に振り分けることで空席の発生を未然に防いでいます。空席を防ぐことで待ち時間の短縮に繋がるのです。行列の待ち時間が減ることでお客さんの疲れも軽減でき、たくさんのアトラクションを回ることができます。その結果、お客さんの満足度を高まるだけでなく、買い物や食事へと繋がるのです。


posted by CYL at 09:55 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月19日

がっちりマンデー 儲かる雑用ビジネス

d96d41284af0c85ee22842fb61dd3329_s.jpg


がっちりマンデー
儲かる雑用ビジネス
ロボットvs人間



ABBジャパン
限りなく人間に近いロボット「YuMi」

親会社のABBは本社をスイスに置く世界4大ロボットメーカーのひとつで、年商はおよそ3兆8千億円の大企業です。ABBが開発したのは、限りなく人間に近いロボット「YuMi」です。

これまで働くロボットといえば工場の産業用ロボットでしたが、大きくて危険ということで、ロボットは柵に囲まれて人間が近づけないようになっていました。ところが、YuMiは樹脂製で安全、小型軽量のため人の隣で作業をすることでできるのです。また、これまでと違うのは、家庭用の電源で稼働するということです。いつでも、どこでも、だれでも使えるのがYuMiなのです。

そして1番の特徴は、作業を教えることが簡単だということです。従来のロボットは、専門家によるプログラミング作業が必要でしたが、YuMiは直接人が触れて動かしながら教えることができるのです。

人間なら単純で飽きてしまう作業を繰り返し休みなく正確に行うYuMiが実際に働いているのが、飲食店のリンガーハットです。YuMiが行なっているのは、包んだ餃子をケースに移す作業です。心配なのは、YuMiのせいでリストラをされるひとが出てしまうのではないかという懸念がありますが、単純な作業をロボットに任せることで人間はより複雑な仕事により多くの時間を費やすことができるようになるといいます。人間とロボットでうまく仕事を分担することで効率がアップに繋がるのです。

外観けんた君
YuMiのお腹におおきな目をつけたロボットが外観けんた君です。製品の汚れや傷をチェックする外観検査をするロボットシステムです。

高齢化が進む現代では、今後、高齢化により労働者を集められなくなることが予測されます。そのため、人をロボットに置き換えるのではなく、人不足によりできない仕事をロボットが代わりに行うということがこれからのモノづくりの現場で起きてくるのではないかと担当者は語ります。

気になるYuMiのお値段は700万円。それでも様々な現場から問い合わせが殺到しているといいます。

08d0ddb245c6178b777de5456840a9de_s.jpg


RPA TECHNOLOGIES
ソフトウェアロボットBizRobo(ビズロボ)

港区赤坂にあるRPA TECHNOLOGIESは新しいロボットで話題の会社です。年商10億円のRPAが誇るロボットが、BizRobo(ビズロボ)です。「こんなのやりたくない」と人間が思うような雑用や事務処理をミスなくなってくれます。

ビズロボはパソコンの中にあるソフトウェアロボットです。例えば、経理の雑用で、社員から交通費の申請があった時に、金額が合っているかひとつひとつ経路を調べてチェックする作業は、単純ですが手間と時間がかかる作業です。それをビズロボが24時間365日休まずにやってくれます。20件の交通費申請がならば約30秒で作業は完了します。さらに金額が合っているか否かをチェックするだけでなく、それらのデータをワードやエクセルを使って同時にまとめてくれます。

ビズロボの利用目的は、繰り返しが多いルーチンワークをビズロボが行うことで、本来やらなければいけないこと、やりたいことに人間が集中することができる環境をつくることにあります。そして、その結果、会社としての付加価値を上げることに繋がるという訳です。

株式会社タスクールPLUS
レンタルオフィス&社員


オフィスだけでなく社員もレンタル
レンタル社員は、、、、
請求書、領収書、書類のコピー等の雑用を行う

posted by CYL at 09:11 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月12日

がっちりマンデー|儲かる村立・町立ビジネス

542f3c6fe2da0c086bec32c757a47d41_s.jpg


がっちりマンデー 
儲かる村立、町立ビジネス




島根県邑南町(おおなん)
里山イタリアンレストラン
「AJIKURA(アジクラ)」

島根県の中央部に位置する邑南町は、人口は1万1千人で、そのうち42%が65歳以上の高齢者と、全国の地方自治体が抱える課題である高齢化と過疎が課題となっている自治体の一つです。

高齢化と過疎化対策のために、邑南町では町立の里山イタリアレストラン「AJIKURA(アジクラ)」を作りました。あるお客さんに聞くと愛知県から新幹線を利用りして3時間をかけてやってきたと言います。アジクラの年間来店者数は5000人から6000人で、8割は町外からのお客さんとなっています。

アジクラは予約制でコース料理を提供しています。客単価はランチでも約4000円と少し高めですが、95%以上の食材が邑南町の食材とあって新鮮です。邑南町は、昔から農業や酪農が盛んな土地で、チョウザメを養殖してキャビアを商品化も行っています。

89313923563b3903afd65c0385df058d_s.jpg


耕すシェフの研修制度
邑南町では、全国から飲食店の起業を目指す人を募集し、調理技術や経営ノウハウを3年間「AJIKURA(アジクラ)」で研修する制度を設けています。研修制度には農家さんによる野菜の栽培法のレクチャーも含まれています。さらに研修期間中は月額16万7000円の給料支給の特典付きです。ただし、応募には邑南町で起業を目指すことが条件となっています。そんな耕すシェフの研修制度を利用後、村へ移住した人は約240人でその経済効果は3億円というから驚きです。


栃木県茂木町(もてぎ)
有機物リサイクルセンター美土里(みどり)館


栃木県茂木町は1万3千人が暮らす小さな町です。町の山に行って見るとおじいさんの集団が落ち葉を集めていました。茂木町では山の落ち葉の買取を行ってます。買い取った落ち葉は、町が作った有機物リサイクルセンター美土里(みどり)館で利用されます。

美土里(みどり)館では、生ゴミや牛糞などと落ち葉を混ぜ合わせ”たい肥”を製造してます。製造されたたい肥は”美土里たい肥”として10キロ500円で販売されており、作れば売れる人気商品となっています。

”美土里たい肥”は、特に栃木県の農家さんに大人気です。500キロをまとめ買いしたニラ農家さんに話を伺うと良いたい肥がないとよい野菜ができないといいます。栃木の野菜づくりには栃木のたい肥が最適で、栃木の環境に適した菌が野菜を美味しくするといいます。

美土里たい肥を使って栽培された野菜は、美土里シールが貼られ道の駅で販売されています。道の駅で買い物している人に話を聞くと、美土里シールが貼られた野菜は新鮮で甘みがあると語ります。美土里たい肥には、年間売り上げ(1200万円)による収益の他、経費削減効果があります。

平成11年に法改正で牛糞を畑に撒くことことができなくなり牛糞処理が酪農家の負担となっていました。牛糞処理には数千万円かかることもあるそうですが、美登里館を作ることで諸々の費用8000万円の削減に成功したのです。

ab51a25d8ccc77f791d6d3664dc70273_s.jpg


北海道音威子府村(おといねっぷ)
北海道おといねっぷ美術工芸高等学校

音威子府村は、人口は約800人と北海道で一番小さな自治体です。音威子府村にある村立北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(通称おとこう)には、全国から生徒がやってきます。全生徒数115名全てが音威子府村以外の出身です。

おといねっぷ美術工芸高等学校は、もともと普通科の高校でしたが、昭和50年代に生徒が1桁に減少し廃校の危機に直面し、そこで町が考えたのがどこにも真似できない高校を作って全国から生徒を集めることでした。

生徒は全て学校の近くにある寮で3年間侵食を共にします。生徒はすべて音威子府村に住民登録していますので、全人口800人の内、約2割は生徒、教職員を含めた学校関係者となります。まさに学校と共に成り立っている村だと言えます。

音威子府村にはコンビニが1件あるだけで、ゲームセンターもカラオケもありません。何もない環境だからこそ都会とは違って静かな環境でじっくりと作品制作に打ち込めることは、芸術家の卵たちにとっては良い環境となります。


posted by CYL at 09:00 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする