2020年05月05日

欲望の資本主義2020スピンオフ_ジャック・アタリ(4)

f0e28663a89ee43c82a66e9b544bf2fb_s.jpg


欲望の資本主義2020スピンオフ_ジャック・アタリ 大いに語る(4終)


世界は統合し解体は難しい
アタリ氏は、保護主義の台頭に警鐘を鳴らしています。たとえば、アメリカが中国の製品の輸入を禁止し、すべてアメリカ国内で製品をつくろうとした場合、インフレが起こりうる危険が生じます。いまやiPhoneが約50カ国で生産された部品から構成されているように、世界はすでに統合され、その解体は難しいのが現実です。世界分業に波にはもはや逆らうことができないのです。

一方で、経済的に密接な関係が戦争を妨げることができるとは限りません。それは、1914年のイギリスとドイツの事例が示しています。当時のイギリスとドイツは経済的に密接な関係があり、戦争をすることはないと思われていましたが、実際には戦争に発展してしまいました。そしてイギリスとドイツの関係が回復したのは、つい2年前です。

日本の生きる道
日本において、少子高齢化がによる人口減少にあわせてアタリ氏が懸念するのが、外国移住に起因する人口減少です。いま、東欧のルーマニアやブルガリアのように国民が国を離れることによる人口減少が起こっており、ルーマニアやブルガリアでは今後20年間で20%の人口減少が予測されています。

外国移住による人口減少を防止するために大切なことは、国内の活力の維持です。日本は中国の活気(ニーズ)を捉えることが成功の道であるとアタリ氏はいいます。そのためには中国からの労働力に門戸を開き、中国市場のニーズを的確に捉え、イノベーションを繰り返すことであるといいます。

未来を恐れば必ず失敗する
アタリ氏は暗示のようなものあると前置きをした上で、”未来を恐れば必ず失敗する”と語ります。地震や災害など短期的にみれば世界は不確実性で溢れています。だからと予測不可能なことで行動が妨げられてはいけません。予測不可能、不確実性の中で、確実なことのリストを作成し、確実なこと、たとえば21世紀はアジアではなくアフリカの時代であるというようなことに目を向けて行動することが重要であるといいます。



posted by CYL at 11:00 | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする