2018年01月14日

がっちりマンデー|2018スゴイ社長が気になるあの会社

8747de98bf590c767e1def327fad4758_s.jpg


がっちりマンデー|
2018スゴイ社長が気になるあの会社


毎年恒例のがっちりマンデーの新年会は今年も豪華。スタジオに登場したのは、ほぼ日の糸井社長、日本交通の川鍋会長、星のリゾートの星野代表、ファミリーマートの澤田社長、大創産業の矢野社長、ニトリホールディングスの似鳥社長です。

糸井社長が気になる
「六花亭製菓(株)」

六花亭製菓は、1933年創業の北海道のお菓子メーカーです。マルセイバターサンドやストロベリーチョコなど有名な商品を多数世に排出してきました。今回、六花亭の本社の撮影が許可されましたが、これは異例のこと。糸井社長の依頼ということで取材許可がおりたようです。

取材に対応してくれたのは六花亭の前社長である小田豊氏です。製品開発会議を覗かせてもらってわかったのは、六花亭のお菓子作りの全責任者は、小田氏であることです。そして、小田氏が語る六花亭のお菓子作りで大切にしているポリシーは、定番商品でも改良を続けるということです。取材した日は、マルセイバターケーキの改良が提案されていました。従来品は蒸して作っていましたが、それを焼いて作るという提案でした。惜しくも小田氏のお眼鏡に叶わず採用はされませんでしたが、マルセイバターケーキのような定番商品でさえ、製法をすっかり変えてしまうほどの改良が検討されているのは驚きです。

また、小田氏曰く、六花亭の商品は、「すっぴん勝負」と語ります。女性の化粧に例えて表現してくれました。素顔に自身がないから化粧をするという発想とは反対に、六花亭のお菓子は凝ったデザインを採用することなく、シンプルに食感、のどごし、香りで勝負をするというポリシーがあるのです。

六花亭には1人1日情報制度という従業員が毎日1ネタ業務改善を231文字以内で提出する制度があります。社員から提出された内容は、毎日、社長自らが5時間ほどをかけて目を通し、社内報「六輪」に掲載されます。社内報は毎日発行され毎朝全社員に配布されます。佐藤哲也社長曰く、現場の問題点や不満が上がって来ることもあり、改善策を打つ材料になることもあると言います。

そんな六花亭は年間売上200億円とおやつ屋でがっちり!

プレゼンテーション1.jpg



d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s.jpg

日本交通の川鍋一朗会長が気になる
タクシー配車代行「電脳交通」


次にスゴイ社長が気になる会社は、日本交通の川鍋一朗会長が気になる会社はタクシーの配車代行を行っている「電脳交通」です。(株)電脳交通の代表を務めるのは近藤洋祐氏(32)です。徳島県徳島市に本社を構える電脳交通の新ビジネスは、地方のタクシー会社向けの電話配車の代行業務です。地方の小さなタクシー会社では、配車業務は24時間対応を要するため、その人的負担は大きいことがあります。電脳交通の配車代行を利用することでコストが半減することもあると言います。

電脳交通の配車システムでは、配車の依頼を受けるとオペレーターが配車場所に一番近いタクシーを見つけ出し、タクシー内に設置されたタブレットにお客さんの情報と配車場所へのルートが表示されます。ドライバーのその情報を元に配車場所へと向かう仕組みです。

現在、電脳交通の配車代行サービスは徳島を含めた四国4県に加えて埼玉県にまで広がり、18社と契約をしています。

プレゼンテーション1.jpg








posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月29日

オイコノミア|経済学で”安心”を手に入れる

1f27afd3d1f4ba5141409d4506788bc7_s.jpg


オイコノミア|経済学で安心を手に入れる



生きていく上で避けて通ることが出来なのがリスクです。健康やお金、少子高齢化など人が感じている不安は三者三様です。しかし、それらに共通しているのが「将来がわからない」ことへの不安であることがわかります。

経済学では、将来のことがわからないことを”不確実性”と言います。不確実性が大きいほど人は不安になります。不確実性と言えば、経済学でよく引き合いに出される質問があります。それは、100%の確率で100万円が当たるくじと50%の確率で200万円が当たるくじではどちらを選びますか?というものです。ほとんどの人が100%で100万円が当たるくじを選択しますが、それは人は不確実性を避ける傾向にあるためです。


安全は現実、安心は心の状態

テロやミサイルなどのリスクに対して、最近よく聞くキーワードに安心・安全がありますが、その違いについて考えて見ましょう。まず安全は現実の状態を表します。一方の安心は心の状態を表します。つまり、現実の状態が安全であったとして、安心できなかったり、その反対も起こりうるのです。

しかし、正しくリスクを把握するのは容易いことではありません。具体的な例を挙げて考えて見ましょう。

1万人に一人がかかる病気があります。その病気にかかっているかを検査を行います。検査方法は、検査薬を注射して、陰性反応であれば病気にかかっていることを示し、陰性反応であった場合は、病気にかかっていないことを示します。ただし、この検査は、病気でない人でも5%の確率で陽性の結果が出ることがわかっています。さらに、病気にかかっている人でも、10%の確率で陽性が出ないことがわかっています。

あなたがこの検査を受けて、「陽性」の反応が出たとします。本当にあなたが1万に一人がかかるという病気にかかっている確率は一体どのくらいだと思いますか?20%? 50%? 80%? 結果は以下の通りです。

1万人が検査を受けた場合

実際は1万人に一人が病気なので、、、
病気の人:100人
病気でない人:99万9900人

しかし、検査では、、、
病気でない人でも5%は陽性:4万9995人
病気であるが陰性:10人

つまり、陽性反応が出ても病気でない確率は、約0.18%となります。陽性反応が出たとしてもほとんどの人が病気ではないということになります。0.18%という数字はあたなが考えた予想よりもはるかに低い確率だったのではないでしょうか。人間の直感と確率の間に大きな隔たりがあるのがわかります。

dc898d89ce973cee29c71c5674b86826_s.jpg


リスクから身を守る保険
痴漢冤罪をテーマとした映画がありましたが、毎日、満員電車に乗っていれば当然痴漢冤罪のリスクが存在します。そんな痴漢冤罪のリスクに備えた保険があります。痴漢冤罪の事件の場合、発生から48時間以内の弁護士費用を保険でカバーしてくれるというものです。痴漢冤罪においては特に発生段階で弁護士が適切に対応することで重要であるためです。掛け金は月々590円で契約件数は約7000件を数えます。このようにリスクを避けることをリスクヘッジと言いますが、保険はまさにリスクヘッジと言えます。

また、大家さんのリスクヘッジとして今注目を集めているのが孤独死対策保険です。現在、高齢者の一人暮らしが増えていますが、大家さんとしては、孤独死のリスクを抱える高齢者へ部屋を貸すのは躊躇いがあります。そんな大家さんのスクをカバーしてくれるのが孤独死対策保険です。大家さんがこの保険に加入することで安心して高齢者に部屋を貸すことができます。この保険は大家さん向けの保険ではありますが、この保健があるおかげで大家さんの貸し渋りにより部屋を借りることができなくなる高齢者が減少しますので、借り手にもまたメリットをもたらしている保険と言えます。




posted by CYL at 17:27 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガッチリマンデー|2017年儲かりキーワード

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s.jpg


がっちりマンデー|2017年儲かりキーワード



キーワードは「ハイレジ」
で帝人はがっちり

ハイレジとはハイレジスタントスターチの略です。ハイレジスタントスターチとは、難消化性でんぷんを多く含む素材で、腸の環境を良くして体重増加を抑えたり、内臓脂肪増加を抑える機能があります。つまるところ、ダイエットに抜群の効果が期待されています。

大手繊維メーカーの帝人は、そんなハイレジスタントスターチの効能にいち早く目をつけて、ハイレジを含む食材を世界で探したところ、オーストラリアで発見しました。それが、スーパー大麦です。オーストラリアの研究機関が10年をかけて品種改良しました。スーパー大麦には、通常の大麦の約4倍のハイレジが含まれています。帝人は、オーストラリアの研究機関と共同開発契約を結び、日本国内の食品メーカーに独占供給を行っています。

2016年は東京ドーム50個分の畑のスーパー大麦が1年間で全て無くなってしまったほど大変な需要がありました。今年もさらなる需要が見込まれているようです。


キーワードは「ビットコイン」
でビットフライヤーはがっちり


ビットコインとは仮想通貨の一つです。スイカやナナコなどの電子マネーとの違いは管理者がいないと言うことです。スイカはJR、ナナコはセブンイレブンが管理しており、お客がお店で買い物をすると、支払い情報等を管理者と通信が必要となりますが、ビットコインは、単純にお客とお店のやりとりのみで完結します。

ビットフライヤーは、両替所のような役割を果たしています。両替の手数料が会社の儲けとなっています。また、ビットコインによる支払いの導入には、お客とお店の両方にメリットがあります。お客側は、QRコードによって簡単に支払いが可能です。また、お店側のメリットとしては、手数料が安い点が挙げられます。クレジットカードでの支払いの場合、カード会社がセキュリティーチェックを行うため、お店がカード会社に支払う手数料は、1~7%であるのに対して、ビットコインによる支払いでは、セキュリティーがしっかりしているため、アプリなどの開発費のみで経費を抑えることができるため、お店が支払う手数料は1%となります。


キーワード「eスポーツ」
で(株)CyberZはがっちり

eスポーツとはエレクトリックスポーツの略でゲームで競うことを言います。日本ではスポーツというと汗を流して行うこと連想しますが、海外ではスポーツは”競う”という意味として捉えられているそうです。

CyberZではゲーム大会の運営や大会の模様を伝えるライブ動画配信を行っています。今ではその動画が人気を集め、広告収入や課金収入を生み出しています。さらに相乗効果として関連グッズの売り上げも伸びていると言います。海外のeスポーツの大会では、優勝賞金10億円という大会もあるというから驚きです。今後は、プロのeスポーツ選手を目指す子供達も出てくるかもしれません。


関連記事
2016年儲かりキーワード





posted by CYL at 09:01 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月23日

ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|
AIスピーカー覇権争い
グーグル開発者会議


音声認識技術とAIを組み合わせることで話しかけるだけで、音楽をかけたり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー分野で激しい戦いを繰り広げているのがアマゾンとグーグルです。

年に1度開催されるグーグル開発者会議で注目を集めているのがAIに関するブースです。グーグルが開発を進めているAIスピーカーが「グーグルホーム」です。開発者会議では、現在、アメリカで販売されているグーグルホームが、来年の夏から日本でも発売されることが発表されました。

現在AIスピーカーの分野の圧倒的なシェアを誇るのがアマゾンです。次いでグーグルが2番手を走ります。アマゾンは、開発コードをいち早く公開したことで様々な企業がサービスを提供しています。例えば、ウーバーを呼んだりドミノピザで注文をしたりと1万を超えるサービスが利用可能となっています。一歩のグーグルは他社との連携が少ないことからサービスの面で、アマゾンの後塵を拝しています。

現時点では、首位を走るアマゾンと2番手を行くグーグルとは圧倒的な差がありますが、グーグルは今後どのような戦略でアマゾンと戦って行くのでしょうか?

グーグルは、ユーザーのスケジュールを把握して目的への出発時間を知らせてくれるといった新たな機能を追加するとしています。

また、会場ではグーグルが他社と連携して開発した音声を認識してその場でジュースを提供するジュースサーバーがあり、グーグルはこれまで遅れをとっていた他社との連携に力を入れ始めているのです。

さらにグーグルの強みである検索機能を活用して、グーグルが20年近く収集したデータをもとに自然な会話を可能にすると言います。

しかし、AIスピーカーはアップルやマイクロソフトも開発を進めていると言われており、今後、どの企業がリードするのかますます競争が激しさを増しそうです。

posted by CYL at 10:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s.jpg


ワールドビジネスサテライト|AIスピーカー覇権争い
グーグル開発者会議


音声認識技術とAIを組み合わせることで話しかけるだけで、音楽をかけたり、家電を操作したりしてくれるAIスピーカー分野で激しい戦いを繰り広げているのがアマゾンとグーグルです。

年に1度開催されるグーグル開発者会議で注目を集めているのがAIに関するブースです。グーグルが開発を進めているAIスピーカーが「グーグルホーム」です。開発者会議では、現在、アメリカで販売されているグーグルホームが、来年の夏から日本でも発売されることが発表されました。

現在AIスピーカーの分野の圧倒的なシェアを誇るのがアマゾンです。次いでグーグルが2番手を走ります。アマゾンは、開発コードをいち早く公開したことで様々な企業がサービスを提供しています。例えば、ウーバーを呼んだりドミノピザで注文をしたりと1万を超えるサービスが利用可能となっています。一歩のグーグルは他社との連携が少ないことからサービスの面で、アマゾンの後塵を拝しています。

現時点では、首位を走るアマゾンと2番手を行くグーグルとは圧倒的な差がありますが、グーグルは今後どのような戦略でアマゾンと戦って行くのでしょうか?

グーグルは、ユーザーのスケジュールを把握して目的への出発時間を知らせてくれるといった新たな機能を追加するとしています。

また、会場ではグーグルが他社と連携して開発した音声を認識してその場でジュースを提供するジュースサーバーがあり、グーグルはこれまで遅れをとっていた他社との連携に力を入れ始めているのです。

さらにグーグルの強みである検索機能を活用して、グーグルが20年近く収集したデータをもとに自然な会話を可能にすると言います。

しかし、AIスピーカーはアップルやマイクロソフトも開発を進めていると言われており、今後、どの企業がリードするのかますます競争が激しさを増しそうです。

posted by CYL at 10:00 | ワールドビジネスサテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする