2018年04月01日

がっちりマンデー|売ります!買います!2018年最新版

e6044b1e254aee803f89921edacffef2_s.jpg


がっちりマンデー|
売ります!買います!2018年最新版


ヤフオクやメルカリなど、いま個人で売買ができるビジネスが活況を呈しています。今回は、そんな個人売買ビジネスでがっちりの企業を3社ご紹介いたします。

子供服を売りたい人と買いたい人をつなぐ
モノを置きたい人とスペースを持て余している人をつなぐ
個人のスキルを売りたい人と買いたい人をつなぐ

1,(株)キャリーオン
子供服のオンライン買取サービス

東京広尾にある株式会社キャリーオンは、着られなくなった子供服のシェアリングサイトを運営しています。その大きな特徴は手間がかからないということです。

売りたい人は子供服をまとめて送るだけ。ほかのサイトのように写真を撮ったり、自分で値付けしたり、買い手への配送作業は不要です。それら煩雑な作業はすべてキャリーオンが行ってくれる。だから忙しい子育てママに喜ばれています。

売った子供服は、現金ではなくポイントで還元される仕組み。使わなくなった子供服を売ってもらったポイントで新たに子供服を購入できる仕組みです。ただし、現金でも子供服を購入できるので、キャリーオンはそちらで儲けを出している仕組みです。

子供服のオンライン買取サービス
https://carryonmall.com/


2,モノオク株式会社
荷物の困ったを解決

東京杉並にあるモノオク株式会社は、空いてるスペースを活用した人と荷物をほかに置きたい人をつなぐサービスを提供しています。サイト上でお互いに連絡をとって荷物を預かってもらえ、1畳あたり1ヶ月約5千円と一般の相場よりも安いのが特徴です。利用者は、一般の主婦など空いているスペースを有効活用をしたいという人が多いといいます。

荷物の困ったを解決
https://monooq.com/



3,coconala(ココナラ)
みんなの得意を売り買い

ココナラは、ネット上で売買できるフリーマーケットを運営しています。その特徴は、売買するのはモノではないということです。売買の対象は、個人の知識やスキルです。

みんなの得意を売り買い
https://coconala.com/


posted by CYL at 08:42 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月11日

がっちりマンデー|がっちり!もう一度社長!

がっちりマンデー|がっちり!もう一度社長!


がっちりマンデーもう一度社長(ドラッグされました) 3.jpg


ワープロソフト「一太郎」を開発した浮川氏は経営者というよりは発明者に近い印象を受けました。今では私ちが何気なく使っている漢字変換の際にスペースキーを押して候補を選択しますが、浮川氏のアイデアから生まれたものだと言います。

そんな浮川氏は会社が大きくなるに連れて簡単に閃いたアイデアを試すことができなくなっていたことに対して忸怩たる思いがしていたと語ります。

そんな浮川氏は60歳で会社を再び立ち上げました。その目的は、誰がもコンピュータを使えるようにということです。その為に今、取り組んでいるのが手書き入力です。

手書き入力が最大限に活用できるアプリをGEMBA Noteを開発し、建設現場で活用されています。特徴は、リアルタイムで手書き入力情報を共有できるということです。


がっちりマンデーもう一度社長(ドラッグされました).jpg

雪国まいたけ社長を辞任した大平氏は、きのこへの情熱は衰えるどころか、ますます熱く燃えているようです。きのこの研究所を立ち上げて、寝ずに開発に取り組んでいると語ります。3年の歳月をかけて開発に成功したのが「黒舞茸」です。普通の舞茸に比べて、味わいが濃厚で、肉厚で歯切れが良い黒舞茸は、値段は普通の舞茸に比べて3倍ですが、百貨店や高級スーパーで人気を博し、生産が追いつかないと言います。さらに大平氏は、海外にも進出を果たし、目指すは「Maitake」を世界共通語にすることだと語ります。


がっちりマンデーもう一度社長(ドラッグされました) 2.jpg


ジャパネットたかたの高田氏は、ご子息に経営をゆずって現在は悠々自適の生活を送っているかと思いきや、人生で一番忙しい時間を送っていると語ります。現在、高田氏は、プロサッカーチームのV・ファーレン長崎の社長としてその辣腕を地元長崎の為に振るっています。来期、クラブ創設以来初のJ1昇格を果たした同クラブですが、高田氏が社長に就任した際は、経営危機に瀕していました。そのクラブを立て直したのが高田氏です。

経営とサッカーは同じ収支のバランスを合わせるという点では似ていると高田氏は語ります。高田氏が経営改革として取り組んだのが、働き方改革と積極的な集客です。無料のTシャツ配布、選手のイベント、ハーフタイムの花火ショー、テレビCMなどで集客を図りました。その結果、観客動員数は、約5倍へと増加しました。さらに高田氏本人が全国を飛び回りスポンサー契約獲得に取り組んでいます。その結果、スポンサー契約は3倍になりました。チームは、今季J1での厳しい戦いが待っていますが、高田氏は「すぐにJ2に戻るなどと言われますが、頑張ります」と多くを語らないまでもその自信を覗かせていました。

posted by CYL at 10:12 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月21日

がっちりマンデー|2018スゴイ社長が気になるあの会社


8747de98bf590c767e1def327fad4758_s.jpg



がっちりマンデー|
2018スゴイ社長が気になるあの会社




b42c17d33ab2685ef18817948ad90aaa_s.jpg

ジャパンベストレスキューシステム
生活トラブルお助けビジネス

ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長が気になる会社は、名古屋市中区にあるジャパンベストレスキューシステム株式会社です。同社は、鍵や水回り、ガラス、など生活のトラブルのお助けビジネスを行っている会社です。同じような会社はありますが、同社の特徴は、鍵や水回りなどのトラブルに加えて害虫駆除や庭の手入れなど様々なお困りごとをワンストップで解決できる点です。

1時間以内の対応と明瞭会計
困った時にはすぐに来てくれるというの一番ありがたいことです。そんなニーズに対応していることも同社の強みの一つです。電話を受けてから1時間以内の対応を目指しています。もしも、社員スタッフが対応できない場合、現場近くの別会社に出動を要請する仕組みまで備えて対応を行います。

また、従来の生活お助けビジネスの料金は、ざっくりとしていることが多かったのですが、同社は料金体系を細分化して明確にしていることも特徴の一つとなっています。


cff3bf0e695990f625a0bd6ff256a7a6_s.jpg


ワメイジング株式会社
訪日客へSIMカード無料提供

星野リゾートの星野佳路氏が気になる会社は、東京都港区にあるワメイジング株式会社です。2016年7月に設立された若い会社です。同社は、訪日外国人旅行者にSIMカードを提供しています。SIMカードとは、スマートフォンで通信するためのICカードです。訪日外国人旅行者は、同社のSIMカードを15日間無料で利用することができます。

無料で提供しているとなるとどのように儲けているのかが気になります。その仕組みは次の通りです。SIMカードを借りる際にワメイジングのアプリをダウンロードする必要があるのですが、そのアプリに宿泊予約サイト機能が付属しており、その予約サイトで宿泊を予約した際に、宿泊先からもらう手数料が同社の売り上げとなる仕組みです。

訪日外国人にも、宿泊先にも、それを運営するワメイジングにもメリットがある、まさに近江商人さながらの”三方よし”のスゴイビジネスモデルです。現在は、訪日外国人の25%を占めている台湾・香港の旅行客向けにサービスを限定していますので、今後ますますのサービスの拡大が期待できます。



posted by CYL at 11:02 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月14日

がっちりマンデー|2018スゴイ社長が気になるあの会社

8747de98bf590c767e1def327fad4758_s.jpg


がっちりマンデー|
2018スゴイ社長が気になるあの会社


毎年恒例のがっちりマンデーの新年会は今年も豪華。スタジオに登場したのは、ほぼ日の糸井社長、日本交通の川鍋会長、星のリゾートの星野代表、ファミリーマートの澤田社長、大創産業の矢野社長、ニトリホールディングスの似鳥社長です。

糸井社長が気になる
「六花亭製菓(株)」

六花亭製菓は、1933年創業の北海道のお菓子メーカーです。マルセイバターサンドやストロベリーチョコなど有名な商品を多数世に排出してきました。今回、六花亭の本社の撮影が許可されましたが、これは異例のこと。糸井社長の依頼ということで取材許可がおりたようです。

取材に対応してくれたのは六花亭の前社長である小田豊氏です。製品開発会議を覗かせてもらってわかったのは、六花亭のお菓子作りの全責任者は、小田氏であることです。そして、小田氏が語る六花亭のお菓子作りで大切にしているポリシーは、定番商品でも改良を続けるということです。取材した日は、マルセイバターケーキの改良が提案されていました。従来品は蒸して作っていましたが、それを焼いて作るという提案でした。惜しくも小田氏のお眼鏡に叶わず採用はされませんでしたが、マルセイバターケーキのような定番商品でさえ、製法をすっかり変えてしまうほどの改良が検討されているのは驚きです。

また、小田氏曰く、六花亭の商品は、「すっぴん勝負」と語ります。女性の化粧に例えて表現してくれました。素顔に自身がないから化粧をするという発想とは反対に、六花亭のお菓子は凝ったデザインを採用することなく、シンプルに食感、のどごし、香りで勝負をするというポリシーがあるのです。

六花亭には1人1日情報制度という従業員が毎日1ネタ業務改善を231文字以内で提出する制度があります。社員から提出された内容は、毎日、社長自らが5時間ほどをかけて目を通し、社内報「六輪」に掲載されます。社内報は毎日発行され毎朝全社員に配布されます。佐藤哲也社長曰く、現場の問題点や不満が上がって来ることもあり、改善策を打つ材料になることもあると言います。

そんな六花亭は年間売上200億円とおやつ屋でがっちり!

プレゼンテーション1.jpg



d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s.jpg

日本交通の川鍋一朗会長が気になる
タクシー配車代行「電脳交通」


次にスゴイ社長が気になる会社は、日本交通の川鍋一朗会長が気になる会社はタクシーの配車代行を行っている「電脳交通」です。(株)電脳交通の代表を務めるのは近藤洋祐氏(32)です。徳島県徳島市に本社を構える電脳交通の新ビジネスは、地方のタクシー会社向けの電話配車の代行業務です。地方の小さなタクシー会社では、配車業務は24時間対応を要するため、その人的負担は大きいことがあります。電脳交通の配車代行を利用することでコストが半減することもあると言います。

電脳交通の配車システムでは、配車の依頼を受けるとオペレーターが配車場所に一番近いタクシーを見つけ出し、タクシー内に設置されたタブレットにお客さんの情報と配車場所へのルートが表示されます。ドライバーのその情報を元に配車場所へと向かう仕組みです。

現在、電脳交通の配車代行サービスは徳島を含めた四国4県に加えて埼玉県にまで広がり、18社と契約をしています。

プレゼンテーション1.jpg








posted by CYL at 09:28 | がっちりマンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月29日

オイコノミア|経済学で”安心”を手に入れる

1f27afd3d1f4ba5141409d4506788bc7_s.jpg


オイコノミア|経済学で安心を手に入れる



生きていく上で避けて通ることが出来なのがリスクです。健康やお金、少子高齢化など人が感じている不安は三者三様です。しかし、それらに共通しているのが「将来がわからない」ことへの不安であることがわかります。

経済学では、将来のことがわからないことを”不確実性”と言います。不確実性が大きいほど人は不安になります。不確実性と言えば、経済学でよく引き合いに出される質問があります。それは、100%の確率で100万円が当たるくじと50%の確率で200万円が当たるくじではどちらを選びますか?というものです。ほとんどの人が100%で100万円が当たるくじを選択しますが、それは人は不確実性を避ける傾向にあるためです。


安全は現実、安心は心の状態

テロやミサイルなどのリスクに対して、最近よく聞くキーワードに安心・安全がありますが、その違いについて考えて見ましょう。まず安全は現実の状態を表します。一方の安心は心の状態を表します。つまり、現実の状態が安全であったとして、安心できなかったり、その反対も起こりうるのです。

しかし、正しくリスクを把握するのは容易いことではありません。具体的な例を挙げて考えて見ましょう。

1万人に一人がかかる病気があります。その病気にかかっているかを検査を行います。検査方法は、検査薬を注射して、陰性反応であれば病気にかかっていることを示し、陰性反応であった場合は、病気にかかっていないことを示します。ただし、この検査は、病気でない人でも5%の確率で陽性の結果が出ることがわかっています。さらに、病気にかかっている人でも、10%の確率で陽性が出ないことがわかっています。

あなたがこの検査を受けて、「陽性」の反応が出たとします。本当にあなたが1万に一人がかかるという病気にかかっている確率は一体どのくらいだと思いますか?20%? 50%? 80%? 結果は以下の通りです。

1万人が検査を受けた場合

実際は1万人に一人が病気なので、、、
病気の人:100人
病気でない人:99万9900人

しかし、検査では、、、
病気でない人でも5%は陽性:4万9995人
病気であるが陰性:10人

つまり、陽性反応が出ても病気でない確率は、約0.18%となります。陽性反応が出たとしてもほとんどの人が病気ではないということになります。0.18%という数字はあたなが考えた予想よりもはるかに低い確率だったのではないでしょうか。人間の直感と確率の間に大きな隔たりがあるのがわかります。

dc898d89ce973cee29c71c5674b86826_s.jpg


リスクから身を守る保険
痴漢冤罪をテーマとした映画がありましたが、毎日、満員電車に乗っていれば当然痴漢冤罪のリスクが存在します。そんな痴漢冤罪のリスクに備えた保険があります。痴漢冤罪の事件の場合、発生から48時間以内の弁護士費用を保険でカバーしてくれるというものです。痴漢冤罪においては特に発生段階で弁護士が適切に対応することで重要であるためです。掛け金は月々590円で契約件数は約7000件を数えます。このようにリスクを避けることをリスクヘッジと言いますが、保険はまさにリスクヘッジと言えます。

また、大家さんのリスクヘッジとして今注目を集めているのが孤独死対策保険です。現在、高齢者の一人暮らしが増えていますが、大家さんとしては、孤独死のリスクを抱える高齢者へ部屋を貸すのは躊躇いがあります。そんな大家さんのスクをカバーしてくれるのが孤独死対策保険です。大家さんがこの保険に加入することで安心して高齢者に部屋を貸すことができます。この保険は大家さん向けの保険ではありますが、この保健があるおかげで大家さんの貸し渋りにより部屋を借りることができなくなる高齢者が減少しますので、借り手にもまたメリットをもたらしている保険と言えます。




posted by CYL at 17:27 | オイコノミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする